サーキットブレーカーの市場規模、2025年に77億米ドル到達予測 電力システムを確実に保護する最重要コンポーネント

サーキットブレーカーの市場規模は、2020年の57億米ドルからCAGR5.9%で成長し、2025年には77億米ドルに達すると予測されています。サーキットブレーカー市場の主な推進要因としては、再生可能エネルギーを中心とした発電への投資の拡大、信頼性と安全性の高い電力供給への需要の高まり、T&Dネットワークの容量追加と強化、鉄道セクターへの投資の加速などが挙げられます。

COVID-19のサーキットブレーカー市場への影響

COVID-19の大流行により、サーキットブレーカーの市場は2020年に下落すると予想されました。COVID-19パンデミックは、過去数ヶ月間、電力業界に世界的な影響を与えてきました。パンデミックの影響が大きい国を中心に、電力需要は新たな形をとっています。電力需要が減少しているのは、ウイルスの拡散緩和のために各国でロックダウンが行われている事によるもので、市場全体にマイナスの影響を与えています。さらに、グリッドの近代化への投資も期間中は減速すると予想されています。

牽引要因:再生可能エネルギーを中心とした発電への投資

国際エネルギー機関(IEA)によると、2018年の電力部門における再生可能エネルギー発電への投資額が3080億米ドルだったのに対し、2020年の再生可能エネルギー発電への投資総額は2810億米ドルと予想されました。太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー源には、専用の保護システムが必要です。発電所をスイッチヤードや電気グリッドに接続するためには、サーキットブレーカーが必要となります。サーキットブレーカーは、電気システムの中で最重要なコンポーネントの1つであり、電力システムの保護を確実にし、電源供給を調整します。再生可能エネルギーの信頼性を確保するために、サーキットブレーカー市場は需要が拡大し、また再生可能エネルギーおよび配電市場を後押ししています。

抑制要因:SF6サーキットブレーカーの厳しい環境・安全規制

京都議定書によると、SF6は地球温暖化係数(GWP)が2万3000と最も強力な温室効果ガス(GHG)の一つです。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)では、極めて有害な温室効果ガスとしてリストアップされています。そのため、京都議定書で排出量の削減が規定されましたが、現時点でSF6に代わる効率的な代替エネルギーはありません。そのため、高い調達コストとSF6対策が市場の成長の妨げになることが予想されています。SF6サーキットブレーカー製造時の不完全な接合は、窒息ガスであるSF6ガスの漏れにつながります。ブレーカータンクに漏れた場合、SF6ガスは空気より重いためガスの沈殿により作業員が窒息する可能性があります。アーク状のSF6ガスは有毒であり、吸入すると体に深刻な影響を及ぼす場合があります。米国の環境保護庁(EPA)は、SF6サーキットブレーカータンク内のSF6ガスの漏洩を検知するための対策を講じています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]