インテリジェントパワーモジュールの市場規模、2025年に27億米ドル到達見込み 再生可能エネルギーを奨励する政府の取り組みが市場の成長を後押し

IPM(インテリジェントパワーモジュール)の市場規模は、2020年の16億米ドルからCAGR12.2%で成長し、2025年には27億米ドルに達すると予測されています。再生可能エネルギー源を利用した発電に対する世界各国の政府の注目度の高まり、世界的な電気自動車の採用増加、システムの信頼性と性能を向上させるためのIPM使用の増加、コンパクトな設計とエネルギー効率の向上によりパーソナルコンピューティングアプリケーションでのIPM利用の急増が、市場の主な推進要因となっています。

推進要因:再生可能エネルギーを利用した発電に対する政府の注目度

米州や欧州では、政府が既存の電力インフラの整備に力を入れています。発展途上地域では、電力消費量の増加に伴い、既存の電力供給資源が広く活用されています。電力インフラを強化する必要性と、再生可能エネルギー電源の利用への関心が世界的に高まっています。世界各国の政府は、太陽光や風力などの再生可能エネルギーへの投資を増やしており、グリッド接続を備えた太陽光発電プロジェクトを提供するために、より良い固定価格買取制度の策定に取り組んでいます。

IPMは、太陽光および風力エネルギーシステムの両方に適用されます。世界中の再生可能エネルギープロジェクトの増加は、予測期間中にIPM市場の成長を推進すると予想されます。IPMは、太陽エネルギープラント、風力エネルギープラント、潮力エネルギープラントなどの再生可能エネルギー生成セクターでも広く使用されています。再生可能エネルギーの使用を奨励するための政府の取り組みも、IPM市場を牽引すると期待されています。

抑制要因:新技術の採用の遅れ

IPM市場の成長を阻害している要因の1つは、市場における新技術採用の遅れです。現在の市場トレンドの一つに、デジタルインターフェースの採用があります。しかし、この技術に不慣れな設計技術者は、アナログ技術に頼る傾向があります。膨大なデータの収集が可能なデジタルIPM市場の成長には、IPMの新しいトレンドや技術の採用が不可欠です。技術者は新技術とその利点に関心はあるものの、新たな制御構造を設計するには知識が不足しています。

さらに、IPM業界で事業を展開している企業は、複数の機能を1つのチップに統合することに注力しており、その結果、設計が複雑化しています。複雑なデバイスの設計と統合には、特別なスキルセット、ロバストな方法論、ツールセットが必要であり、デバイスの全体的なコストが増加します。デバイスの高コスト化は、先端技術デバイスへの切り替えプロセスの妨げになると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]