スマートビルディングの市場規模、2025年に1089億米ドル到達予測 エネルギー効率の高いシステムへの需要が市場成長の後押しに

スマートビルディングの市場規模は、2020年の663億米ドルからCAGR10.5%で成長し、2025年には1089億米ドルに達すると予測されています。市場の主な推進要因に、IoT対応ビル管理システムの採用率の上昇、空間利用に対する意識の高まり、業界の基準や規制の強化、エネルギー効率の高いシステムへの需要の増加などが挙げられます。

COVID-19がスマートビルディング市場に与える影響

COVID-19の発生は北米経済に悪影響を及ぼしています。しかし、同地域では経済の再起動に向けて、規制の緩和やロックダウンの解除が始まっています。北米は技術的先進地域であるため、施設管理者は仕事を最適化し、施設入居者にとってより良い環境を作ることができます。従業員が在宅で仕事をするようになり、新しいオフィス環境を統合するスマートビルディングの需要が高まっています。

自動車、化学、電子機器、製造業などの欧州の主要な産業の中には、COVID-19のロックダウン中にサプライチェーンが混乱したことで、大きな影響を受けた企業があります。現在、欧州各国が商業施設や産業への規制を緩和し始めたことで、スマートビルディングのソリューションやサービスへの需要が高まっています。AI、ブロックチェーン、ロボット、ドローンなどの技術の助けを借りて、スマートビルディングのベンダーは産業やビジネスを正常な状態に戻そうとしています。

APAC(アジア太平洋地域)のスマートビルディング市場では、病院が、中核ではない医療サービスを専門のスマートビルディング組織にアウトソーシングする傾向が高まっていることから、COVID-19期間中に需要の増加が予想されます。IoTやその他の新技術が、医療分野でのスマートビルディング市場を牽引していまする。さらに、組織が再開に向けて準備を進めていることから、従業員の職場復帰を促進するために、同地域での新たなサービスや活動への注目が高まっています。

MEA(欧州、中東及びアフリカ)ではイランとイスラエルがCOVID-19の影響を最も受けました。これは、同地域の政府が、パンデミックの影響を遅らせるための措置を迅速に講じた事による影響です。同地域の規制緩和により、地域内のほぼすべての産業や企業が再開しています。そのため、職場の再編成やスマートワークフローの設定、施設管理を積極的に行うスマートビルディングベンダーの需要が高まる可能性があります。

COVID-19は、ラテンアメリカのヘルスケアとエネルギー産業にも影響を与えています。この課題を克服するために、同地域の産業ではAIやIoTなどの新興技術を積極的に導入しています。同地域の国々が産業活動を再開しているため、スマートビルディングのソリューションやサービスに対する需要が急増する可能性があります。技術主導の効率化は、地域の商業的成果を向上させ、結果として、地域全体で権限を与えられたスマートビルディングの運営につながる可能性があります。さらに、同地域の現在の資産は費用対効果の高い方法でアップグレードする必要があり、それにはIoT、AI、ML対応のスマートビルディングが最も適しています。ビジネスの再開は、スマートビルディングベンダーにとってより多くの機会を生み出しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]