剥離コーティング剤の市場規模、2025年に2億2500万米ドル到達予測 CVID-19パンデミックが衛生・医療部門の成長を牽引

剥離コーティングの市場規模は、2020年の1億5700万米ドルからCAGR7.5%で成長し、2025年には2億2500万米ドルに達すると予測されています。健康に対する意識の高まり、消費者支出の増加、eコマースの成長、女性労働力の増加などが、包装、衛生、消費財、化粧品、家庭用品、小売、医薬品などのセクターで市場を牽引する主な要因となっています。

COVID-19が剥離コーティング市場に与える影響

COVID-19による厳しい影響により、2020年の剥離コーティング市場は15.4%減少すると予測されました。同市場は、衛生と医療以外のすべてのエンドユーザー用途でロックダウン、サプライチェーンの混乱、消費者支出の減少などの影響を受け、包装、電気・電子、物流、衛生・パーソナルケア、消費財、小売などの産業でマイナス成長を記録すると推定されています。CVID-19パンデミック初期の衛生製品のまとめ買い行動と医療需要の増加は、衛生と医療部門の成長をプラスに保つと予想されます。

材料別では、ノンシリコーン系剥離剤が急成長

北米と欧州地域では、環境規制の高まりによりシリコーン系剥離剤の成長が抑制されています。一方、アジア太平洋地域では規制基準の緩和によりシリコーン系剥離剤の成長が加速しています。予測期間中、シリコーン系剥離剤に対する厳しい規制基準が非シリコーン系剥離剤の需要を押し上げ、急成長しています。

用途別では、衛生用途が急成長

発展途上国ではベビー用おむつ、生理用ナプキン、大人用尿失禁用品などの衛生用品の普及が進み、先進国では高級衛生用品の消費が増加していることから、剥離剤市場を牽引することが期待されています。認知度の向上、消費者支出の増加、Eコマースの成長は、剥離コーティング剤市場における衛生用途を牽引する要因となっています。

推進要因:世界人口の増加、一人当たり所得の増加、ヘルスケア意識の高まりにより、最終用途市場が拡大

医療施設の改善は、平均寿命の向上につながっています。医療施設のコストの75%以上は慢性疾患の患者によるもので、これが医療機器・装置市場の成長を後押ししています。分析機器や手術器具から滅菌機器、医薬品の包装に至るまで、様々な医療用途が剥離コーティング剤の恩恵を受けています。剥離コーティング剤は、摩擦性が低く、挿入が容易なため、整形外科や呼吸器などの埋め込み型器具で特に役立ちます。将来的には、医療機器や装置、ツールの需要の増加に伴い、医療施設での需要が増加し、剥離コーティング剤市場を牽引することが考えられます。

世界的に高齢化が進んでいることから、使い捨ての医療機器や治療薬、経皮吸収型パッチの医薬品の使用が奨励されています。発展途上国でも、一人当たりの所得が増加しているため、医療施設への支出が増加しています。所得水準の上昇に伴い、人々はより良い医療施設を選択する傾向があります。医療業界の成長が剥離コーティング剤市場の成長につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]