無人潜水機の市場規模、2025年に44億米ドル到達予測

無人潜水機の市場規模は、2020年の20億米ドルからCAGR16.4%で成長し、2025年には44億米ドルに達すると予測されています。同市場は、近代的な水中検査導入の傾向や、世界的な海上保安の需要の高まりなど、さまざまな要因によって牽引されています。

COVID-19の無人潜水機市場への影響

無人潜水機市場には、Lockheed Martin Corporation(米国)、Saab AB(スウェーデン)、Kongsberg Gruppen(ノルウェー)、Northrop Grumman Corporation(米国)、Oceaneering International, Inc. (米国)などの大手企業が含まれます。これらの企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ、南米など、さまざまな国で事業を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。業界の専門家は、COVID-19が2020年のUUVの生産とサービスに25~30%の影響を与えると考えています。また、その後のUUVの需要は2022年までに完全に回復すると予想されています。

牽引要因:オフショア石油・ガス産業における設備投資の増加

オフショア産業には、石油・ガスプラントが含まれます。世界のエネルギー需要は、新興国の技術革新により、過去50年間で3倍に増加しました。陸上の埋蔵量が継続的に枯渇しているため、海洋資源が重要な役割を果たしています。そのため、石油・ガスの生産施設の海底への移設が行われています。通信手段の改善や深度へのアクセス性の向上など、UUVの技術が急速に進歩していることから、今後も石油・ガス分野でのUUVの利用が促進されると予想されます。また、スマートデバイスの登場により、運用管理やリスク管理が改善されています。困難な環境下での安全なオペレーションのために、高度なナビゲーションシステムやイメージングシステムが導入されています。UUVは、石油・ガス産業において、パイプラインの点検、プラットフォームの点検、水深調査、さらには捜索・救助活動に使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]