3D・4Dテクノロジーの市場規模、2025年に4650億米ドル到達予測 デバイスの高額な購入費やメンテナンスコストが懸念材料に

3D・4Dテクノロジーの市場規模は、2020年の2211億米ドルからCAGR16.0%で成長し、2025年には4650億米ドルに達すると予測されています。エンターテインメント産業における3D・4D技術への需要の高まりと、家電製品での3D技術ベース装置への需要が、3D・4D技術市場の成長を牽引しています。

COVID-19の3D・4D技術市場への影響

世界的な自動車需要の増加は、3D・4D技術市場の成長を促進する重要な要因の一つです。しかし、COVID-19の発生と蔓延は、3D・4Dテクノロジーのバリューチェーンで事業を展開しているプレーヤーに大きな影響を与えています。COVID-19の拡散を抑制するために各国政府が課したロックダウンにより、世界的に自動車の販売台数が大幅に減少し、3D・4Dテクノロジー市場の成長に影響を与えています。さらに、このロックダウンは世界各国のGDPや個人の一人当たり所得にも影響を与えています。可処分所得の減少が大衆の購買力の低下を招き、市場全体の対前年比成長率が低下しています。

一方、今年後半には、自動車、家電、ヘルスケア業界の安定化により在庫水準が正常化し、3D・4D入出力デバイスの需要が増加すると予想されています。COVID-19の発生により、感染拡大を抑制するために世界各地の製造設備が一時的に停止し需要が減少し、3D・4D入出力デバイスの生産に影響を与えました。

牽引要因:エンターテインメント産業で高まる3D・4D技術の需要

エンターテインメント業界では、3Dや4Dの動画やインタラクティブな効果を使ったリアルな映画に人気があります。3Dアニメーションの発展とCGの隆盛により、3Dは特殊効果に使われる標準的な技術となっています。近年では、映画の3Dアニメーションは、映画の物理的効果や手描きアニメーションよりも人気があります。また、よりリアルな環境を作るために、映画では視覚効果(VFX)が広く使われています。また、4D技術は、没入感のある多感覚の体験を提供するために、映画での使用も増えてきています。エンターテインメント産業における3D・4D技術への需要の高まりは、市場成長の主要な推進要因となっています。

抑制要因:3D・4Dイメージングデバイスの高いメンテナンスコスト

センサーやカメラなどの3D・4Dのイメージングデバイスは、埃や微粒子、不純物、衝撃などの影響を受けやすく、わずかなメンテナンスの乱れが画質に大きな影響を与える可能性があります。そのため、これらのデバイスには特別なケアが必要です。3D・4Dイメージングのコストは、スキャンされる3Dまたは4D画像のサイズと複雑さ、および購入するデバイスの全体的なサイズと形状によって異なります。

家電業界では、3D・4Dイメージセンサーは、しっかりとしたコンパクトなパッケージを使用して埃や衝撃から保護されています。メーカーは、デバイスのパッケージングに費用をかけなければならず、全体のコストが増加します。一方、ヘルスケア用のようなハイエンドの3D・4Dイメージセンサーは、動作寿命が限られています。頻繁なメンテナンスや交換のために発生するコストは、見込み客に負担をかける可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]