HPCの市場規模、2025年に494億米ドル到達予想 高額なCAPEXやOPEXの費用が市場成長の抑制要因に

HPCの市場規模は、2020年の378億米ドルからCAGR5.5%で成長し、2025年には494億米ドルに達すると予想されています。HPCの需要は、効率的なコンピューティング、拡張性の高いスケーラビリティ、信頼性の高いストレージへのニーズ、高精度の高速データ処理、クラウドでのHPCの採用などが原動力となっています。

COVID -19のHPC市場への影響

オフィス、学校、大学、小売店の突然の閉鎖は業務を大きく混乱させ、デジタルワークプレイスのツールやサービスへの需要が増加しています。世界中に及ぶCOVID-19パンデミックの影響から、多くの人々はローカルオフィスや本社、組織のグローバル支店よりも自宅で仕事をしたいと考えており、オフィスのリソースやデータへのアクセスという点でモビリティが必要とされています。クラウド技術とクラウドサービスへの需要が高まっています。COVID-19パンデミックは収まりがみられず、その影響は2020年第4四半期末まで続くと予想されました。しかし、2021年第1四半期に入ると市場への影響は縮小すると予想されています。COVID-19により、全世界の企業の膨大な労働力が自宅で仕事をしているため、HPC市場にプラスの影響を与えました。今後は、HPCの改善が求められています。COVID-19パンデミックは、HPC市場のベンダーに市場機会を提供しています。

牽引要因:高精度な高速データ処理へのニーズ

HPC市場の成長を牽引する主な要因は、大量のデータを高速かつ正確に処理するHPCソリューションの能力です。アプリケーションのデータ処理の速度と効率性に問題を抱えている業種には、金融、医療、研究、地震探査、政府・防衛などがあります。金融市場の性質としては、デリバティブの評価をより速く、正確に処理する能力が必要とされます。医療分野では、コンピュータ断層撮影(CT)スキャンや磁気共鳴イメージング(MRI)などのアプリケーションに対し、複雑なアルゴリズムの処理と迅速かつ正確な結果が求められます。HPCは、計算時間を大幅に短縮し、CTやMRIのデータを迅速かつ正確に処理するのに役立ちます。そのため、様々な分野での高精度のデータをより速く処理するというニーズの高まりが、HPC市場の成長を牽引する主な要因となっています。

抑制要因:高いCAPEXとOPEX

HPC市場の成長を抑制している主な要因の一つは、高額な設備投資(CAPEX)とそれに伴う運営費(OPEX)です。HPCのセットアップやメンテナンスにかかるコストが高く、ハードウェアやソフトウェアのコストも含めて、莫大なCAPEXが必要となります。HPCのOPEXには、エネルギーコスト、人件費、保守・修理費用などが含まれます。このような初期投資やメンテナンスコストの高さが、スタートアップや中小企業のHPC導入を制限しています。また、企業がオンプレミスからクラウドに移行する際の支出も増加しています。これらの要因は、HPC市場の成長を制限すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]