3Dマッピングおよびモデリングの市場規模、2025年に76億米ドル到達見込み 膨大な地理空間データを管理に有用

3Dマッピングおよびモデリングの市場規模は、2020年の38億米ドルからCAGR15.0%で成長し、2025年には76億米ドルに達すると予測されています。モバイルアプリケーション、ゲーム、映画での3Dアニメーションに対する高い視聴体験の需要、3Dスキャナー、3Dセンサーの技術的進歩、3Dコンテンツの利用可能性の増加が市場の成長を牽引しています。政府の厳しい規制や投資不足、COVID-19の世界経済への影響は、市場の主要な課題です。さらに、不正行為や海賊版の増加、技術コストや設置コストの高さが抑制要因に挙げられます。

COVID-19の3Dマッピングおよびモデリング市場への影響

COVID-19は、テクノロジー分野のあらゆる要素に影響を与えています。世界のICT支出は、2020年末までに4%から5%減少すると予測されています。IT業界に最も影響を与えるのはハードウェア事業であると考えられます。ハードウェア供給の鈍化と製造能力の低下により、ITインフラの成長が鈍化しています。ソフトウェアツールやサービスを提供する事業も、短いスパンで減速すると予測されています。しかし、コラボレーションアプリ、アナリティクス、セキュリティソリューション、AIの採用は、今年後半で増加が計画されています。

COVID-19の発生は短期間で市場や顧客の行動を変え、経済や社会に大きな影響を与えました。オフィス、教育機関、製造施設が無期限で停止し、主要なスポーツやイベントは延期され、在宅勤務やソーシャルディスタンス政策が発動される中、企業はこの困難に対応するためのテクノロジーに一層注力しています。アナリティクスの専門家、ビジネスインテリジェンスの専門家、AIやMLなどの高度な知識を持つ専門家には、ビジネス上の課題への対応が求められ、経営者は判断を下すための専門知識が必要になります。サイレント世代から初めてZoomを利用する団塊の世代まで、レガシーに依存した組織がクラウドで近代化するなど、デジタルアクセラレーションの大きな波がニューノーマルに向かって押し寄せています。効率的なリモートワークは、これまで不可能だと思われていた業種を超えて利用されるようになりつつあります。このようにリモートワークやクラウドベースの技術に大きくシフトしていることを考えると、生活のあらゆる面で変化をもたらしたCOVID-19の影響は長期に及ぶと考えられます。

企業は、膨大な地理空間データを管理し、顧客の期待に応えるために、3Dマッピングおよびモデリングソフトウェアツールを選択しています。Eコマース、物流、オンライン学習、食品配達、オンラインビジネスコラボレーションなどの業界ではビジネスが急増しており、顧客向けアプリケーションや社内アプリケーションは限界に達しています。企業は、最速のアプローチとして3Dマッピングおよびモデリングソフトウェアツールを展開しており、アプリケーションをスピードアップしてスケールアウトする必要性に直面しています。COVID-19パンデミックの状況下、市場は3Dマッピングおよびモデリングソフトウェアツールとサービスを求める顧客の増加を目の当たりにしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]