高性能フルオロポリマー(HPF)の市場規模、2025年には43億米ドルに到達予測 その高い生体適合性、潤滑性から医療分野での採用が拡大

高性能フルオロポリマー(HPF)の市場規模は、2020年の31億米ドルからCAGR7.0%で成長し、2025年には43億米ドルに達すると予測されています。新たな用途開発による最終用途産業からの需要とPV設置による使用の増加が、高性能フルオロポリマー業界成長の主な原動力となっています。

COVID-19の高性能フルオロポリマー市場への影響

高性能フルオロポリマーは、主に工業加工に使用されています。COVID-19は関連産業に深刻な影響を与えています。高性能フルオロポリマーは、輸送、電気・電子、医療、食品加工、化学加工、石油・ガス、発電所、建築・建設などの最終用途産業で使用されています。そして、高い耐熱性と耐薬品性が操作上不可欠である工業処理のプロセスで使用されています。進行中のパンデミックのために、工業生産は世界中で深刻な影響を受けています。労働力・材料の不足、物流上の制限など、さまざまな問題は産業の成長を大幅に鈍化させました。

COVID-19は、世界的に工業・製造業を未知の操業環境へと導いています。政府による一箇所に集まることができる人数制限は、このセクターに深刻な影響を与えています。例えば、部品製造業はこの影響を大きく受けています。自動車、電子機器、航空宇宙分野では、生産や工場の操業が停止しています。これらの産業のほとんどは、原材料の供給を中国に依存しています。したがって、サプライチェーンの混乱が、工業生産高に大きな影響を与えています。世界経済はこのパンデミックにより縮小しています。

牽引要因:最終用途産業の高成長

高性能フルオロポリマーは、汎用性が高く、他のポリマーと比較して優れている点が多いことから、自動車・航空宇宙などの輸送、電気・電子、工業加工、医療などの産業に広く使用されています。これらの産業は急速に成長しており、高性能フルオロポリマーの需要を押し上げています。高耐熱性、低重量、高寸法安定性、耐薬品性の高さが、自動車産業での需要を増加させています。高性能フルオロポリマーは、自動車の性能と耐久性を向上させるために、エンジンの様々な部分に使用されています。自動車や航空宇宙分野では、さまざまな内外装部品を製造するために使用されています。自動車産業における高性能フルオロポリマー市場の成長機会は、主に低排出ガスと燃料効率の向上につながっています。航空宇宙工学では、軽量材料が好んで使用されており、低重量、耐熱性、難燃性、耐摩耗性、耐薬品性、および柔軟性と非浸出能力を同時に有する高性能フルオロポリマーの採用が拡大しています。

高性能フルオロポリマーの効果的な誘電特性、生体適合性、潤滑性は、医療手術やその他分野での採用を増加させています。高性能フルオロポリマーは、低侵襲装置の製造に必要なマルチルーメンチューブの製造に使用されています。化学薬品や熱に強い利点から、股関節、耳、頭蓋骨、鼻、膝などのインプラントにも使用されています。カテーテル、注射器、縫合糸、生体密閉容器など、様々な用途での使用が増加しており、高性能フルオロポリマー市場を牽引しています。他にも、半導体など、高性能フルオロポリマーに完全に依存している産業もあります。これは、半導体製造プロセスで使用される化学物質を保持および輸送できる唯一の材料が、フッ素樹脂である事に起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]