ソリッドステートリレーの市場規模、2025年には15億米ドルに到達予測 家電製品におけるハイテク電子機器や自動化が市場の成長を後押し

ソリッドステートリレー(SSR)の市場規模は、2020年の11億米ドルからCAGR6.6%で成長し、2025年には15億米ドルに達すると予測されています。ソリッドステートリレー市場の成長は、家電業界におけるハイテクエレクトロニクスと自動化の採用が急増していること、電気自動車の回路が複雑化していること、ソリッドステートリレーの堅牢な機能が主な原動力となっています。

COVID-19のソリッドステートリレー市場への影響

COVID-19パンデミックにより、企業や世界経済は混乱し、機械式リレーやソリッドステートリレーなどの電子デバイスの供給や採用が制限されているため、アプリケーション向け市場の成長は縮小すると予想されています。しかし、電子デバイスの遠隔監視により、企業はロックダウン期間中も仕事を続けられるようになったため、すべての電子デバイス企業の成長率が低下しているわけではありません。さらに、製品追跡や物流部門はこれまで以上に忙しく、食品包装企業は需要に追いつくのがやっとです。オプトカプラなどのソリッドステートリレーの主要部品は主に米国で製造されています。COVID-19パンデミック下では、主要な原材料の中国と米国への過度な依存が露呈し始めています。米国、ドイツ、スイスのソリッドステートリレーメーカーは、米国、中国をはじめとするアジア太平洋地域の操業停止の影響を大きく受けています。4月のソリッドステートリレーの購入は50%も落ち込みました。今後の回復は、政府の支援だけでなく、企業の債務の水準や、SSR市場の需要減少への対処にかかっています。

牽引要因:家庭用電化製品におけるハイテク電子機器と自動化採用の拡大

家庭用電化製品業界には、家電製品、飲料ディスペンサー、事務機器などがあります。世界の家庭用電化製品市場は、ハイテク電子機器の採用が増加していることで、今後も増加すると予想されています。テレビ、AC、電子レンジ、冷蔵庫などの家電製品はよりスマートになってきています。家庭用電化製品のデジタル化は、飲料用のディスペンサー、ファックス、インバーターなどの事務機器にも見られます。高機能で使いやすく、スマートな技術を採用しようとする消費者の行動の変化により、家電のデジタル化が進んでいます。ソリッドステートリレーは、従来の電気機械式リレー(EMR)に代わるものとして、多くの家電製品に採用されています。オーブン、HVAC機器、コーヒー自動販売機などの家電製品にも使用されており、スイッチングアプリケーションや電気サージからの保護を提供しています。家電製品におけるハイテク電子機器や自動化の採用が拡大していることが、ソリッドステートリレー市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]