製造業におけるIoTの市場規模、2025年には538億米ドルに到達見込み スマート監視ソリューション部門で高い成長

製造業におけるIoTの市場規模は、2020年の332億米ドルからCAGR10.1%で成長し、2025年には538億米ドルに達すると予測されています。これは、製造業における産業オートメーションへの需要の高まり、資産の集中監視と予知保全へのニーズの高まり、費用対効果の高いインテリジェントな接続デバイスやセンサーの増加、信頼性が高く安全で高速なネットワーク接続へのニーズの高まり、クラウドコンピューティングプラットフォームの採用の増加などが挙げられます。

COVID-19パンデミックが進行中で、製造業は大打撃を受けています。中国の製造業の減速により、15カ国以上の製造業では、国を挙げたロックダウン、厳しい国境管理、労働者のソーシャルディスタンス対策、中国からのサプライチェーンの停滞など多くの影響を受けています。また、The Economic Timesによると、自動車、スマートフォンおよび家電などの製造業のうち、インドで事業を展開する企業の多くが、2020年3月末までに工場を閉鎖すると報告がありました。工場閉鎖は、主要製品の生産に多大な損害をもたらす可能性があります。また、一か月間にわたる全工場の完全停止など極端な措置により、2021年会計年度(FY)の実質製造業総付加価値(GVA)が5%急低下するとの試算が示されています。これらの工場の操業停止は、製造業のIoTソリューションの採用を避けることになり、製造業向けIoT市場の成長にマイナスの影響を与えることになります。

スマート監視ソリューション部門は高いCAGRで成長

製造業におけるIoT市場をソリューション別に見ると、ネットワーク管理、データ管理、デバイス管理、アプリケーション管理、スマート監視に分類されます。スマート監視部門は、最も高いCAGRで成長すると予測されています。セキュリティ・監視業界は変化しており、ソリューションはアラーム監視からライブビデオ監視やその他のリモートセキュリティ機能へと移行しています。これらのセキュリティ機能は、人、資産、建物を保護しようとする組織の視認性を高めています。IoTは民間および公共機関の両方が、スマートな監視ソリューションで施設や公共空間を安全かつ遠隔でリアルタイムに監視できるようにすることで、より安全な都市、家庭、ビジネスの創出を支援しています。セキュリティと監視ソリューションは、さまざまな脅威に対抗するための十分なインテリジェンスを備えています。組織はセキュリティの抜け穴を可視化し、セキュリティ業務の効率化に必要な勧告を提供することができます。物理的な被害を受けるリスクが少ない非有線媒体の存在により、接続がより安全になり、遠隔地にも容易に展開できるため、セキュリティ担当者が不要になります。このソリューションの主な機能としては、侵入検知、入退室管理システム、資産追跡、資産回収、リアルタイム監視、リアルタイム通知などがあります。スマート監視ソリューションは、中央監視システムとビデオ分析およびイベントで構成されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]