モジュラー型データセンターの市場規模、2025年に378億米ドル到達見込み 高いエネルギー効率を実現

モジュラーデータセンターの市場規模は、2020年の184億米ドルからCAGR15.4%で成長し、2025年には378億米ドルに達すると予測されています。モジュラーデータセンターは、工場内で組み立てられたプレハブモジュールを統合して製造され、顧客サイトに出荷され、組み立て、展開、試運転されます。これらのデータセンターは拡張性とエネルギー効率に優れており、顧客の現在および近い将来のニーズに合わせて迅速に展開することができます。

COVID-19のモジュラーデータセンター市場への影響

COVID-19パンデミック下で、あらゆる業界の組織が新たな常態に適応するため、デジタルトランスフォーメーションを加速させテクノロジーを開発しています。データセンターのプロジェクトでモジュラー構造は以前から進化を続けていますが、COVID-19の影響により、これが最先端になることは間違いありません。モジュラー構造には、コスト削減のほかにも、建設期間中の現場の人員を減らすという利点があります。COVID-19パンデミックにより、オンラインサービスへの需要が急増しており、より多くのデータ容量が必要とされています。このように、モジュラーデータセンターはCOVID-19の大流行により多くの組織が計画段階から導入段階へと移行しており、ベンダーにとってのチャンスは今後5年間で計り知れないものになると推察できます。

推進要因:エネルギー効率の高いデータセンターへのニーズ

モジュラーデータセンターは、世界中の様々な政府によって広められた環境保護とエネルギー消費に関する規制の増加に伴い需要が高まっています。モジュラーデータセンターの限られた空間は、一つの大きな部屋よりも簡単に冷やすことができ、またビルトインの通路封じ込めにより、熱気と冷気の混合を最小限に抑えることができます。BICSI(Building Industry Consulting Service International)のデータによると、モジュール式データセンターは、オープンデータセンター環境よりも40%高いエネルギー効率を実現しています。このように、モジュール式データセンターは従来のデータセンターよりもエネルギー効率が高く消費電力も少ないため、企業が本来持っているエネルギー消費量を抑えたいというニーズを満たすことができます。さらに、モジュール式データセンターは、太陽光エネルギーなどの再生可能エネルギー源を採用して統合することでPUEレベルを低減することができます。モジュラーデータセンターが提供する低PUEレベルは、様々な産業分野での需要拡大に貢献しています。

抑制要因:ベンダーのロックインにより、顧客の購入オプションが制限される

データセンターは受注生産であることが多く、ユーザーの環境に合わせてカスタマイズすることが可能です。このような機能性により、データセンターのユーザーは自分たちの要件や組織の全体的な運用環境に適応できるデータセンターを注文することができました。しかし、最新のモジュール式データセンターは、その標準化された性質とプレハブモジュールのために、完全なカスタマイズ機能を欠いています。さらに、モジュール式データセンターの標準化された性質は、組織を単一のベンダーに制限し、ユーザーが異なるベンダーのソリューションを追加してデータセンターを最適化することを制限しています。このようなカスタマイズ性の欠如と購入オプションの制限が、モジュラーデータセンター市場の成長を妨げると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]