光学選別機の市場規模、2025年には33億米ドルに到達予想 食品用途が最大シェアを占める

光学選別機の市場規模は、2020年の20億米ドルからCAGR10.2%で成長し、2025年には33億米ドルに達すると予想されています。これは、生産性向上に向けた自動化、食品業界におけるプロセスや納期短縮の必要性、人件費の上昇、食品安全性に関する政府の厳しい規制などに起因しています。

COVID-19の光学選別機への影響

COVID-19の流行と蔓延は光学選別機市場に影響を与えています。多くの業界専門家は、このパンデミックが2021年度の第1四半期末までには収まるだろうと考えています。2019年から2020年にかけて光学選別機の市場規模は、部品メーカー、OEM、システムインテグレーター、エンドユーザー、ディストリビュータを含む光学選別機のバリューチェーンの業界専門家からの意見を考慮し、さらに、2020年の第1四半期、第2四半期、第3四半期の市場のエコシステムにおける企業の財務リリースを参照した上で、2%の減少が予測されました。

プラットフォーム別ではベルト光学選別機が最高のCAGRで成長見込み

ベルトプラットフォームの光学選別機市場は、2020年から2025年まで最高のCAGRで成長すると予想されています。ベルト選別装置は、選別精度が高く、キャリーオーバー率が低いため、食品、リサイクル、鉱業などの様々な用途で広く使用されています。ベルト選別装置は、生鮮、冷凍、乾燥の野菜や果物、ジャガイモ加工品、ナッツ類に対して高性能な機能を備えています。このプロセスにより、食品汚染のリスクを最小限に抑え、製品の品質向上につながります。

タイプ別ではカメラベースが最大シェア見込み

2020年から2025年は、カメラベースの光学選別機が最大シェアを占めると予想されています。カメラベースは、製品の微細な欠陥を正確に検出できるため、野菜や果物、ドライフルーツやナッツ類、シリアル、穀物、豆類などを選別する食品選別用途で広く使用されています。可視光スペクトルの内外を問わず、製品の微細な欠陥を柔軟に検出できる単色、二色、三色カメラが市場に出回っています

用途別では食品が最大シェア予測

2020年から2025年までの予測期間において、食品用途が光選別機市場で最大のシェアを占めると予測されています。光学選別機が食品の安全性向上、品質向上、配送サイクルの短縮、生産量の増加などのメリットを提供していることから、食品業界における自動装置の採用は、光学選別機市場の主要な推進要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]