食品トレーサビリティの市場規模、2025年には261億米ドルに到達予測 データ共有におけるプライバシーの問題が抑制要因に

食品トレーサビリティの市場規模は2020年の168億米ドルからCAGR9.1%で成長し、2025年には261億米ドルに達すると予測されています。消費者の間で安全な製品への需要が高まっていることが市場を牽引すると予想されます。アジア太平洋地域では安全な食品を求める多くの人々に支えられ、COVID-19パンデミックに起因する需要により、中国などを中心に市場は急速に成長すると予測されています。

牽引要因:食中毒の増加により、健康被害が深刻化

食中毒は一般的に、病原体やマイコトキシンによる食品の汚染が原因で発生します。サルモネラ菌やリステリア菌などの病原体が食品中に存在することは、微生物学的な安全性と食品の品質を損なうことになり、結果として食中毒を引き起こします。CDCによると、米国では毎年7600万件の食中毒が記録されており、32万5000件が入院を必要とし、5000人が死亡しています。しかし、WHOによると、米州のWHO地域は、食中毒による影響が2番目に少ない地域であると報告されています。

食品基準庁(FSA)によると、英国ではカンピロバクターが食中毒の最も一般的な形態です。年間28万人が鶏肉のカンピロバクター汚染の影響を受けていると推定されています。2014年、英国では、金融庁の調査により、スーパーマーケットの鶏肉のほとんどがカンピロバクター菌に汚染されていたと報告されました。

WHOによると、世界で毎年6億件近くの食中毒が発生しているといわれています。深刻な健康上の脅威につながる食品の安全性は、人々の大きな関心事となっています。これが食品トレーサビリティの需要を牽引し、市場の成長にプラスの影響を与えると予測されています。

商業的なフードサービスは過去30年間で劇的に増加しており、広範な食品の取り扱いを必要としています。食品を扱う人数が増え、食品の生産や流通の新たな方法といった様々な変化が生まれています。これに伴い、食品を扱う人から消費者への食中毒感染が高まる可能性が高まり、結果として食品トレーサビリティシステムの需要を牽引しています。

抑制要因:データ共有におけるプライバシーの問題

食品トレーサビリティは、原材料から最終消費者に至るまでのサプライチェーン全体を通じた追跡です。バーコードやRFIDなど、サプライチェーンを通じて製品を追跡するため、高度な技術ベースのソリューションが必要となります。この機器は、製品のトレーサビリティのサポートに加えて、データ補足、記録、保存、および加工、遺伝学、供給電力、疾病追跡に関するトレーサビリティ属性の共有や環境変数の測定などもサポートします。しかし、これらの技術の実装には、RFIDタグに格納されたデータのプライバシーやセキュリティに対する不正アクセスや改ざんの懸念が含まれています。また、消費者は、RFID対応製品を購入した場合、自分が追跡される可能性があると感じ、プライバシーの侵害を懸念するようになることもRFIDによる脅威となります。データ共有に関する消費者と製造業者のプライバシー問題が食品トレーサビリティ市場の成長を阻害しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]