ビタミンB3の市場規模、2025年には3億7300万米ドルに到達予測 一方、ビタミンB3多量摂取の悪影響から規制の動きも

ビタミンB3の市場規模は、2020年の3億3000万米ドルからCAGR2.5%で成長し、2025年には3億7300万米ドルに達すると予想されています。機能的で栄養価の高い加工食品の需要の増加、食肉・乳製品の消費の増加に向けた飼料の質の強化、ビタミンB3欠乏症の有病率の増加などの要因が、ビタミンB3の市場をさらなる成長へと牽引しています。

COVID-19がビタミンB3市場に与える影響

飼料消費に対するCOVID-19の影響は、肉や家畜製品、および牛乳、卵などの副産物の消費に直接影響を及ぼしています。世界中で植物ベースのビタミン補給と栄養代替品のし好が高まっており、植物ベースのビタミンサプリメントの市場を後押ししています。

免疫力を高める特性を持ついくつかのビタミンB3サプリメントが市場で入手可能であり、新型コロナウイルスの出現後、感染のリスクを下げるとして売上が伸びています。世界的なパンデミックとその対策としてのロックダウンにより、健康に対する人々の意識と、免疫力を強化する製品に対する需要が高まっています。全世界的なCOVID-19の発生により、2020年はロックダウン、国境の閉鎖、および国境をまたがる輸送の遅延により、サプライチェーンが混乱し、ビタミンB3の製造が減速すると推定されました。

各国政府によるソーシャルディスタンスの確保などの措置は、職場で共に働くことができる人数を制限しています。政府の施策による制約が徐々に緩和されていくことで、2021年以降、ビタミンB3の市場は回復していくと思われます。

牽引要因:機能性・栄養強化加工食品の需要

加工食品で栄養を摂取することへの懸念が高まる中、食品業界を中心にビタミン摂取の需要が伸びています。過酷な加工条件は、食品中に自然に存在するビタミンB3など栄養素の損失につながり、食品メーカーはこれらの損失を回復するために強化食品に注力する必要があります。健康意識の高まりと予防医療への注目により、消費者は栄養強化食品を選択し、栄養価の高い食品に好んでお金を払うようになっています。乳製品、ベーカリー製品、小麦粉などの食品は、栄養価を高めるためにさまざまな種類のビタミンB群を強化しています。2002年から2017年にかけて、小麦粉に鉄分や葉酸を配合した強化食品を義務化している国が大幅に増えており、2017年には86カ国にのぼりました。食品強化プログラムの実施を通じて栄養失調に対処する政府の取り組みが多く見受けられました。

抑制要因:サプリメントの使用制限に関する規制

肉、牛乳、卵に対する世界的な需要の高まりに伴い、家畜の体重、生産性、および生殖に関する健康を改善するため、畜産業界では、ビタミンB3飼料サプリメントを無制限に使用しています。 ビタミンB3は家畜の耐病性と収量パラメーターを高めるために使用されており、これらの副産物に含まれるビタミンB3の多量摂取は、動物、人間、環境の健康に悪影響を及ぼすことが証明されています。

FDAは、完成した栄養補助食品製品と栄養成分の両方を規制しています。1994年の栄養補助食品健康教育法(DSHEA)のもと、従来の規制は食品や医薬品を対象としていますが、FDAは異なる規制で栄養補助食品を管理しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]