手のひら静脈スキャナーの市場規模、2025年には11億5000万米ドル達成見込み 商業部門での生体認証システム採用が市場を牽引

手のひら静脈スキャナーの市場規模は、2020年の4億1600万米ドルからCAGR22.6%で成長し、2025年には11億5000万米ドルに達すると予測されています。これは、手のひら静脈スキャナーの優れた利点が他の生体認証技術を上回ると同時に、機密情報や組織のデータ保護の必要性、BFSI、ヘルスケア、商業部門での生体認証システム採用の急増などに起因します。さらに、GDPR(一般データ保護規則)準拠による欧州での内部生体認証技術に対する政府支援の拡大と、エコシステム内でのベンダー間パートナーシップやコラボレーションが、市場の拡大を後押ししています。

COVID-19の手のひら静脈スキャナー市場への影響

手のひら静脈スキャナー市場には、富士通、日立製作所、日本電気、M2SYS、BioSec Group、Recogtech B.V.、iDLink Systems、ePortation,.、Mofiria、BioEnable Technologies、Dakar Software Systemsなどの主要企業が含まれています。これらの企業は、アジア太平洋、欧州、北米、中東など様々な国に製造施設とコーポレートオフィスを展開しています。これら企業が提供する手のひら静脈スキャナー製品や技術は、複数の利害関係者が様々な用途に使用するために購入しています。COVID-19は、手のひら静脈スキャナーメーカー各社の業務に影響を与え、サプライヤーや販売店のビジネスにも影響を与えました。輸出入の停滞と、手のひら静脈スキャナーの高コスト、さらに、マルチモーダルバイオメトリクスソリューションの需要がCOVID-19以前と比較してわずかに減少したことも、短期的に市場の需要にマイナスの影響を与えると予想されます。

牽引要因:BFSI、ヘルスケア、商業部門での生体認証システムの採用が急増

銀行でのバイオメトリクスの使用が増加しています。消費者は、支店銀行、オンラインバンキング、ATMネットワーク、モバイルバンキングなどの銀行サービスにアクセスする際、個人を認識させる方法として、その有用性を理解しています。他には、手のひら静脈バイオメトリクスは、ヘルスケア産業で使用されています。ヘルスケアにおいて100%正確に患者を識別し、その安全性を維持し、収益サイクルを管理するために、認証システム独自の利点を提供しています。手のひら静脈認証には、スタジアムや小売業など、いくつかの商用アプリケーションがあります。2017年7月には、BioSec Groupがハンガリーのグルパマ・アリーナにバイオメトリック手のひら静脈認証システムを設置したことで、2万3500人収容のサッカースタジアムで時折発生するサッカー観戦者の暴力事件に終止符が打たれました。

抑制要因:顔認証、虹彩認証、音声認識など代替システムの高い利便性

手のひら静脈バイオメトリクスは、顔、虹彩、音声ベースなど、その他の代替生体認証システムと比べて、セキュリティ、プライバシー、精度など様々な利点を有しています。しかし、その他の代替生体認証システムと同程度の利便性を提供出来ない事が、手のひら静脈スキャナーの高い技術を採用する上での潜在的な制約となっています。手のひら静脈スキャナーベースの生体認証システムは、距離のある識別が出来ないため、パーソナルデバイスセグメントでの使用は制限される可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]