UV硬化型コーティングの市場規模、2025年には114億米ドルに到達見込み グリーンコーティング人気が市場の成長を後押し

UV硬化型コーティングの市場規模は、2020年の65億米ドルからCAGR12.0%で成長し、2025年には114億米ドルに達すると予測されています。コーティング業界では欧州と北米を中心に、環境規制や規範の高まりによりグリーンコーティングの人気が高まっています。一方、COVID-19の影響で、電子機器や工業用塗料メーカーの売上が減少し、UV硬化型コーティングの需要が減少しています。

COVID-19がUV硬化型コーティング市場に与える影響

UV硬化型コーティングは、COVID-19の影響が大きい工業、エレクトロニクス、グラフィックアートの各分野で使用されています。各国で課せられたロックダウンが様々なセクターに影響を与え、UVコーティング市場にマイナスの影響を及ぼしています。その後のプロジェクトの遅れも、2020年のUVコーティング市場の成長に影響を与えました。ほとんどの広告はデジタルモードに切り替わっているため、UVコーティング市場が勢いを取り戻すには時間がかかります。しかし、2021年には最終用途産業からの需要の増加により、市場は回復すると期待されています。

塗料業界における環境意識の高まり

グリーンコーティングはコーティング業界の新しい波です。環境にやさしく、汚染を軽減するコーティングとして知られています。グリーンコーティングは、市場に出回っている他の塗料やコーティングに比べて高価ですが、一方で、従来の毒性のある塗料よりも優れた性能を発揮します。特に欧州や北米では、環境規制や規範が強化されており、塗装業界ではグリーンコーティングの人気が高まっています。同時に、UV硬化型塗料の需要も増加しています。

UV硬化型コーティング製品のクラッキング欠陥

UV硬化型コーティングは、安価で環境に優しく、速乾性、汎用性、耐摩耗性があり、高い透明度備えた光沢のある仕上げを可能にします。これらの特性により、市場での需要が高まっています。しかし、UV硬化型コーティングの主な課題は、紙が折り畳まれたり、切れ目が入ったりしたときに通常発生するクラッキングです。また、印刷された紙は光沢があり、絹のような性質を持っているため、他の処理を施すことが難しくなります。例えば、筆記やゴム印のような形でのインクの塗布は困難になります。この表面には、接着剤や他の形態の打刻による処理はできません。紙に書き込みをする必要がある場合、UV硬化型コーティングが施されていない部分であることを確認する必要があります。UV硬化型コーティングは、折り目に対してひび割れを起こす可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]