自動注射器の市場規模、2025年には1049億米ドルに到達見込み 在宅ケアと遠隔モニタリングが市場成長を後押し

自動注射器の市場規模は、2020年の460億米ドルからCAGR17.9%で成長し、2025年には1049億米ドルに達すると予測されています。市場の成長は、標的治療の普及、アナフィラキシーの発生率の上昇、薬剤の自己投与傾向の増加、使いやすさ、規制当局の承認数の増加、自己注射器のジェネリック版の利用可能性、有利な償還と政府の支援、技術進歩が主な要因となっています。また、生物製剤の特許期限の満了は、市場プレイヤーに成長の機会を提供すると予想されています。

一方で、経口糖尿病薬や経鼻エピネフリンスプレーなどの薬物送達の代替ルートの存在は、自己注射器デバイスの採用を制限すると予想されています。

COVID-19の自動注射器市場への影響

COVID-19パンデミックは世界的に医療危機をもたらし、ほとんどの地域で医療提供の変更を余儀なくされました。感染の拡大を防ぎ、医療インフラへの負担を軽減するために、2020年前半には必須でない処置や院内治療の多くは延期されました。インディアナ大学の研究者によると、米国ではパンデミックが発生した3月初旬から4月中旬の最初の6週間で医療機関の受診率が約40%減少したといいます。しかし、規制が緩和された後は、医療現場でケアや治療を遅らせる患者は減少しています。一方で、2020年初頭には、臨床試験の募集が遅れたことで、医療機関を中心に新しい治療の導入にも遅れが出ており、自動注射器市場にマイナスの影響を与える可能性が指摘されました。

全体としてパンデミックによる影響は、2025年までの自動注射器市場にポジティブな結果を与えると考えられています。第一に、効果的な在宅ケアと遠隔モニタリングにより、患者が病院に行くことなく慢性疾患やアレルギーを簡単に管理できる自動注射器の需要が高まっています。糖尿病、クローン病、および関節リウマチの患者が、自宅での状態管理のためにプレフィルドシリンジと自動注射器に頼っている場合は特にこの需要は高まります。

さらに、生物製剤分野では、カスタマイズされた自動注射器により、大量の送達や、より少ない頻度での投与が可能となるため、ウェアラブルな自動注射器の開発も奨励されています。

COVID-19パンデミックは、患者自身がより治療に関与し制御できるよう、自動注射の傾向を加速させています。自動注射器市場の新しい技術は、注射速度、注射部位の痛み、治療に対する不安の管理を可能にするため、市場の成長を後押しするでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]