手荷物処理システムの市場規模、2025年に103億米ドル到達予測 搬送・仕分けセグメントが市場成長の要因に

手荷物処理システムの市場規模は、2020年の75億米ドルからCAGR 6.6%で成長し、2025年には103億米ドルに達すると予測されています。空港での業務効率向上に対する需要、航空旅客数の増加、複合一貫輸送の著しい発展が、手荷物取扱システム市場を牽引する主な要因となっています。

COVID-19の手荷物処理システム市場への影響

COVID-19パンデミックは、手荷物処理システム市場に大きな影響を与えました。ほとんどの国でロックダウンが行われ、パンデミックの影響で空港、海上、鉄道の運行が停止しました。また、進行中の空港建設プロジェクトのほとんどがキャンセルまたは遅延しました。航空産業も他の産業と同様にパンデミックの影響を受け、サプライチェーンは大きな影響を受けました。しかし、2020年後半にはいくつかの空港建設プロジェクトやターミナル拡張活動が再開され、市場は今後、プラス成長が期待されています。

封じ込め政策により、経済活動が大幅に縮小しています。進行中の空港建設プロジェクトの中断や航空旅客数の減少が発生し、最終的には航空会社や空港のキャッシュフローに影響を与えています。完全に中止になったものは多くないものの、プロジェクトが遅延しています。手荷物処理システムの市場は、2020年には衰退の局面を迎えると予測されています。さらに、海洋業界では、東南アジアの多くの国が、感染した乗客や乗組員を介してウイルスが国内に拡散することを恐れ、クルーズ船の乗客、客員の下船を禁止しました。また、中国からのコンテナ輸出の大幅な減少が、欧米の貿易ルートに影響を与えています。同様に、COVID-19の未曾有な公共交通機関への悪影響により、鉄道の運行も減少しており、手荷物取扱システムメーカーにとって大きな懸念材料となっています。

搬送・仕分けセグメント、手荷物取扱システム市場最大の牽引役に

ソリューション別では、搬送・仕分けセグメントは、手荷物処理システム市場をリードすると予測されます。仕分けは手荷物取扱システム全体の中核をなすものです。世界中の国内・国際線の航空・海上旅客数が急激に増加していることから、手荷物処理システムメーカーは、自動仕分け機能を備えた既存の技術を改善する方法を模索しています。Société Internationale de Télécommunications Aéronautiques(SITA)によると、コンベアシステムの使用増加を反映して、処理システムの自動化も増加しており、2018年の手荷物の取り扱いミスは2017年と比較して減少しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]