農業用噴霧器の市場規模、2025年に31億米ドル到達予測 精密農業技術の導入により市場は拡大

農業用噴霧器の市場規模は2020年の22億米ドルからCAGR6.5%で成長し、2025年には31億米ドルに達すると予測されています。農場規模の拡大、農業経営における効率化、生産性向上のためのコスト削減などの要因が、農業用噴霧器の需要を牽引すると予想されます。アジア太平洋地域は、大規模・中規模農地の増加、農作業の増加、先端技術を駆使した農機具の使用などにより、市場を席巻すると予想されます。

COVID-19の農業用噴霧器市場への影響

農業用噴霧器市場のプレーヤーには、John Deere、CNH Industrial N.V.、クボタ、Mahindra & Mahindra、STIHL、AGCO、ヤマハ発動機、Bucher Industries AGなどの主要なTier IおよびTier IIメーカーが含まれています。これらのメーカーは、アジア太平洋、欧州、北米、南米、中東の様々な国に製造施設を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えました。しかし、農業用噴霧器のグローバルなオペレーションとサプライチェーンに大きな影響はなく、多くのプレーヤーの製造施設は稼働し続けています。

COVID-19パンデミックは、農業用噴霧器のサプライチェーンに若干の影響を与えました。移動制限や病気の影響で労働力不足に陥り、顧客への新規噴霧器の供給が減少しています。各社の製造ユニットが閉鎖されたため、第1四半期と第2四半期には新型噴霧器の生産に影響が出ました。しかし、ロックダウンや貿易禁止など政府による規制が減少した後は、生産は定期的に行われると予想されます。企業は、定期的な温度チェック、PPEギアの着用、限られた人員での作業など、必要な予防措置を講じた上で、製造ユニットの使用を開始しています。

推進要因:注目を集める効率性と生産性

農業は伝統的にリスクの高い経済活動であり、世界中の農家は景気の低迷や環境の変化の影響を受けてきました。農業用噴霧器の新技術は、低コスト、噴霧効率の向上、安全性の向上、作物や環境へのダメージ軽減など、様々な利点を農家に提供しています。噴霧器の需要は世界的に拡大しています。農業用噴霧器メーカーは、農家の生産性および市場での競争力を高めるために、農家の能力や知識の向上に力を入れています。また、精密農業技術の導入により、メーカーは、農業をより効率的かつ予測可能なものにしています。

抑制要因:最新の農業機器への高額な設備投資

農業用噴霧器市場の主な抑制要因は、高額な初期投資です。自走式噴霧器や空中噴霧器は、初期費用が高く、効率的な農機具、知識のある熟練した栽培者を必要とするため、農家はこの技術の使用に消極的です。農家や生産者は、入力データを収集するためのGPS、ドローン、GIS、可変レート技術、衛星装置などに莫大な初期投資をしなければなりません。農家の大部分は、高額な機器への投資が困難な限界農家や小規模地権農家です。この制約は、インド、中国、ブラジルなどの発展途上国では特に高いうえ、発展途上国の多くは、農機具を輸入しており、製品コストが上昇しています。そこで、発展途上国では、農場管理ソリューションへの必要性から、スマート農業機器の研究開発(R&D)への投資を開始しました。これは、ハードウェア機器やデバイスの価格を下げるのに役立ちます。さらに、多くのソフトウェア設計者は、農家の相談コストを節約するために、ユーザーフレンドリーなソリューションの開発に注力しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]