地上支援機材の市場規模、2025年には102億米ドル到達見込み 航空交通量の世界的増加が成長要因

地上支援機材の市場規模は、2020年の40億米ドルからCAGR20.7%で成長し、2025年には102億米ドルに達すると予測されています。これは、電動式地上支援機材の需要、空港での倉庫業務、航空旅客数などが共に増加傾向にあり、それに対応するため、継続的に空港が拡張されている事に起因しています。JBT(米国)、Teleflex Lionel-Dupont(TLD)(フランス)、Tug Technologies(Textron GSE)(米国)、Tronair(米国)、Guangtai(中国)、ITW GSE(デンマーク)、Cavotec SA(スイス)などの防衛関連企業は、地上支援機材の効率化に力を入れています。また、空港のランプや倉庫で使用されている地上支援機材の自動化も進んでいます。一方で、電気式地上支援機材の充電インフラが不十分であることと、これらの機器の初期費用が高いことが、市場の成長を制限すると予想されています。

COVID-19の地上支援機材市場への影響

COVID-19パンデミックは、多くの航空ビジネスを休止させました。航空機の準備とメンテナンスは、パンデミックがもたらす課題に取り組む上で非常に重要です。

エアポート・インターナショナル・カウンシル(ACI)の分析によると、COVID-19の空港ビジネスへの影響により、2020年の旅客数は2019年と比較して58.4%減少することになります。この事から、COVID-19以前の予測ベースラインと比較して、航空業界の収入は60%減少すると予測されています。旅客数と航空交通量の大幅な減少は、短期的にはレガシー機器の需要に影響を与えるでしょう。COVID-19の危機以前に発注されていたにもかかわらず、機器の配備・設置に遅れが生じた事で、機器サプライヤーのビジネスに大きな影響が出ています。米国やEUでのCOVID-19の感染拡大は、製造施設の封鎖による悪影響が予想されます。例えば、デンマークに拠点を置くGSEメーカーのVestergaardは、2020年の復活祭後に製造を減速させました。オーストラリア、英国、インド、カタール、アラブ首長国連邦などの主要地域での封鎖による商業渡航の停止は、空港運営に大きな影響を与えることになります。しかし、COVID-19危機が収束し、空港がフル稼働すれば、地元のサービス提供会社は金融危機から回復するでしょう。

推進要因:空港インフラの拡大・発展

空路での旅行を選ぶ人が着実に増えていることから、世界の航空交通量は増加しています。これに伴い、空港は業務を拡大し、その結果、新しいターミナル、ゲート、旅客サービス設備、その他のインフラを追加しています。空港の各ゲートは、ゲートやエプロンに駐機している航空機の要件に対応するための地上支援機材を必要としています。この機器の需要は、新しい空港の開発や既存の空港での新しいゲートやターミナルの増設に正比例します。

制約要因:電気式地上支援装置の高い取得コスト

電動式地上支援機材のコストは、従来の地上支援装置のコストよりも50%高くなる可能性があります。長年にわたり、電動式地上支援装置のコストは低下してきましたが、ディーゼル式に比べて依然として高額です。そのため、中小規模の空港では、電動式地上支援装置の導入が困難な状況にあります。電動式地上支援機材の初期コストが高いのは、製造量が少ないためです。また、これらの車両に使用されているバッテリーの購入費用も高く、5年から8年ごとに交換する必要があります。これらの要因が、電動式地上支援機材市場の成長を抑制しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]