顔認証の市場規模、2025年には85億米ドルに到達予想 監視に対する需要により市場の成長は牽引されるも、誤合致の可能性が大きな問題に

COVID-19後の顔認証の市場規模は、2020年の38億米ドルからCAGR17.2%で成長し、2025年には85億米ドルに達すると予想されています。

顔認証市場の成長を牽引している主な要因は、監視産業の重要性の高まり、政府・防衛部門による顔認証技術への投資の増加、業界の縦割りでの技術進歩の増加です。しかし、顔の一部が隠れてしまっている場合や顔検出エラー、知識や認知度の欠如は、顔認証市場の成長を妨げる主要な課題の一部となっています。

COVID-19による影響

パンデミックの規模を考えると、COVID-19のあらゆる面に対応するために、テクノロジーが重要な役割を果たすと考えられます。また、顔認証の利用事例も徐々に増えてきており、需要が急増しています。顔認証システムを利用して導入されている主な用途は、セキュリティ評価と本人確認です。多くの国で、法執行機関や組織は、COVID-19の全体的な普及を抑えるために、従来のシステムの利用から顔認証ソリューションに移行しています。また、これらの新システムで利用されている赤外線カメラチェックのアプリケーションは、世界中のヘルスケアシステムでも採用されています。

牽引要因:監視業界の重要性の高まり

今日のビジネスの世界では、情報や物的財産の安全性を確保する必要性が非常に重要であり、ますます困難になってきています。監視に対する需要の高まりは、顔認証市場の成長を牽引する主な要因の一つとなっています。高解像度CCTV、高解像度3D顔認証技術、熱顔認証技術など、いくつかの新技術の登場が市場の成長を後押ししています。これにより、顔認識技術と分析技術が既存の監視インフラと統合され、監視システム全体で撮影されたビデオの中の人物やグループを正確に識別することが可能になりました。中国、インド、アラブ首長国連邦(UAE)などの国々は、さまざまな分野で顔認証システムを採用しています。各国の法律や規制が厳しいため、顔認証技術の採用率が高まっています。例えば、ドバイの警察当局では、ヘルメットを介して個人を識別したり、対象を移動させたりする、特殊な顔認識技術を活用しています。

抑制要因:法的リスクとeDiscoveryへの対応の難しさ

顔認証技術は、ヘルスケアや小売業から政府や防衛に至るまで、さまざまな業種で利用されています。連邦政府や警察もまた、さまざまなケースで犯罪者の容疑者を捕まえるために顔認証技術を使用しています。この技術は、連邦政府や警察で採用されていますが、一方で、顔認証技術の導入においては、誤合致の可能性が大きな問題となっています。


本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]