薬物スクリーニングの市場規模、2025年には100億米ドルに到達予測 薬物乱用とアルコール消費の世界的増加が、市場の需要を牽引

薬物スクリーニングの市場規模は、2020年の45億米ドルからCAGR17.3%で成長し、2025年には100億米ドルに達すると予測されています。これは、薬物・アルコール消費の増加、薬物・アルコール検査を義務付ける厳格な法律の施行、主要市場での政府の資金提供、規制当局の承認と製品・サービスの発売に起因しています。一方で、イスラム諸国でのアルコール消費の禁止や、特定地域での職場での薬物検査の禁止は、市場の成長を妨げる可能性があります。

COVID-19の薬剤スクリーニング市場への影響

COVID-19は、企業や経済活動に世界的な混乱をもたらし、医療施設・治療センターが利用できなくなり、感染伝播の恐れからハームリダクションサービスプロバイダーの活動が制限され、薬物スクリーニング市場に短期的な悪影響を与えると予想されます。医療システムへの負担を軽減し、病気の感染を減少させるために、世界各国の政府は、必要不可欠でない医療処置や外科処置を、延期または遅延させるためのガイドラインを提供しています。また、旅行、事業活動、公の場での集会、避難所での命令などにも制限やロックダウンが課され、これらはすべて市場の成長に悪影響を与えています。ロックダウンや産業、製造、生産、事業開発の一時的な閉鎖を行っている国の存在により、同市場は深刻な影響を受けています。貿易障壁は、需給ギャップにさらにマイナスの影響を与えています。薬物検査市場で事業を展開する企業は、グローバルなサプライチェーンの混乱、需要の減少、または顧客による事業の停止を目の当たりにしてきました。

牽引要因:増加する薬物乱用とアルコールの消費

薬物乱用とアルコール消費は世界全体で増加しています。世界薬物報告書2019によると、2017年には15歳から64歳の世界人口の約5.5%が一度は薬物を使用していました。2017年には、薬物障害を患っている人は、2016年の3050万人から14.8%増加し、3500万人に達しました。同年、薬物使用が原因で死亡した人は58万5000人に上りました。薬物による害の程度は、世界中で2800万年分の健康な寿命を失うに等しいといわれています。アルコール消費量も同様の増加を示しており、その結果、飲酒運転の発生率が上昇しています。薬物・アルコール乱用の脅威を抑制するために、各国当局は包括的な薬物・アルコール検査の実施に力を入れています。薬物およびアルコール検査の需要は、今後数年間で増加すると予想されます。

抑制要因:一部の国における職場での薬物検査の禁止

カナダ、コロンビア、アルゼンチン、チリ、南アフリカなど一部の国では、職場での薬物・アルコール検査は従業員のプライバシーの侵害であると考えられています。例えば、フランスでは、雇用前の薬物検査は、医師が検査を推奨した場合にのみ実施されます。ポーランドとチェコ共和国では、職場での薬物・アルコール検査は禁止されています。カナダでは、同国東部の判例法で、職場の業務が本質的に危険な場合や、一部の特殊なケースでのみ、薬物・アルコール検査を許可しています。これらの制限は、薬物・アルコール検査の採用を妨げる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]