航空機装備品の電気化の市場規模、2025年には33億米ドル到達見込み 排出ガスと騒音公害の削減が市場の推進要因に

航空機装備品の電気化の市場は、2020年の15億米ドルからCAGR17.4%で成長し、2025年には33億米ドルに達すると予測されています。パワーエレクトロニクス、フォールトトレラントアーキテクチャ(障害許容設計)、静電アクチュエータ、飛行制御システム、高密度電気モーター、発電・変換システム分野における近年の技術進歩が、MEAの採用を後押ししています。

COVID-19 による、航空機装備品の電気化市場への影響

COVID-19パンデミックは、より多くの航空機装備品の電気化市場に影響を与えました。国境の閉鎖や世界的な空の旅の制限により、市場の多くの企業が生産を停止せざるを得なくなりました。このような事業活動の中断は、市場の収益に直接影響を与えています。一部の業界では事業を継続しているにもかかわらず、原材料供給の遅れや製品の限定的な供給により生産が制限され、稼働率が低下しています。

航空業界の短期的な見通しは、最終的には政府がどれだけ迅速に発生を食い止め、その成果をあげることが出来るかにかかっています。航空機の納入の遅れや既存の注文のキャンセルは、世界中の航空機メーカーに大きな影響を与えています。生産活動の一時的な停止は、サプライチェーンの不均衡をもたらしました。より広い規模では、長期化したロックダウンは、他のプレイヤーの業務にも多大な負担をかけています。航空機やエンジンメーカーは、ロックダウン後の新しいソーシャルディスタンスの保持のために最大の能力で操業できない可能性があり、その結果、生産性が悪化し、航空機装備品の電気化市場に対する需要の減少につながる事が考えられます。

推進要因:排出ガスと騒音公害の削減

騒音公害の拡大により、航空機騒音に関する様々な規制が施行されるようになりました。騒音公害の基準は、1971年に国際民間航空機関が策定した航空騒音の国際基準が採用されたことで、さらに厳しくなっています。例えば、2017年5月には、科学工業研究評議会(CSIR)の国立物理研究所がインド全土の空港の騒音マッピングを発表しました。また、オーストラリアでの航空機運航は、航空航法規則2018で実施されている騒音基準を満たすことが求められています。

抑制要因:高額な投資と長いクリアランス期間

航空機メーカーやOEMは、機械、製造能力、熟練した労働力、最先端の技術設備、統合プラットフォームを設置するために、高い初期資本を必要とします。また、製造された部品は、航空機に搭載する前に様々な当局からの承認を必要とします。従来のシステムを航空機内の電気システムに置き換えるための承認を得ることは困難です。高い資本要件とクリアランス期間の長さが、航空機装備品の電気化市場を抑制する主な要因の一つとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]