5Gチップセットの市場規模、2027年には672億米ドルに到達予測 セルラーIoT接続とモバイルデータトラフィックの増加が市場成長を後押し

5Gチップセットの市場規模は、2020年の128億米ドルからCAGR26.7%で成長し、2027年には672億米ドルに達すると予測されています。5Gチップセット市場の成長を牽引している主な要因は、高速インターネットと幅広いネットワークのカバレッジに対する需要の高まり、セルラーIoT接続の増加、モバイルデータトラフィックの増加、などがあります。一方で、5Gチップセットの高コストが市場の成長を抑制すると予想されています。

牽引要因:高速インターネットと大規模なネットワークカバレッジの需要

遠隔学習、自律運転、マルチユーザーゲーム、ビデオ会議、ライブストリーミング、遠隔医療、拡張現実など、アプリケーションにおける高速インターネットと大規模なネットワークカバレッジに対する需要の高まりが、5Gチップセット市場の成長を後押しすると予想されています。

モバイルブロードバンド技術、高速データ転送、データ・情報処理の需要の増加が、5Gセルラー技術の成長を牽引しています。また、5Gチップセットは、モバイルネットワークの性能を向上させ、現在のネットワーク世代(3G・4G)では不十分なネットワークカバレッジとデータ接続性のギャップを縮小させる可能性があります。

セルラーIoT接続の増加

5Gの速度と信頼性は、M2M(Machine-to-Machine)やIoTに大きな影響を与えると予測されています。新しいM2M技術の採用が増えている主な理由は、スムーズな通信を実現するための接続性の向上と低消費電力化です。効果的なM2M通信を実現するためには、モバイルネットワークの既存の容量が、今後数年で上昇すると思われる数十億のノードに対応できなければなりません。現在のネットワーク容量では、M2M通信と人間ベースの通信、さらには待ち時間などの通信パターンの違いに対応できないのが現状です。そのため、ハイパーコネクティビティと大容量の帯域幅を持つ次世代の移動体通信用セルラーネットワーク(5Gネットワークなど)が必要とされています。M2M通信技術は、異なるプロセスの効率を高め、機械への人間の干渉を減らすために、重工業やプロセス産業(食品産業など)で広く利用されることが予想されます。このように、M2M通信は5Gチップセット市場を牽引すると予測されています。

増加するモバイルデータトラフィック

セルラーネットワークの継続的な発展により、ユーザーは低遅延で高速なデータレートを体験できるようになりました。データ量の急激な増加は、動画に対する消費者の需要に加え、企業や消費者がクラウドサービスを採用していることが主な要因となっています。

モバイルデータサービスの需要は、主に、ARやVR、3Dや超HDの動画コンテンツなどのデータ集約型アプリケーションを使用中の消費者向け電子機器、および企業間(B2B)通信システムの両方で、サービスやアプリケーションの利用が拡大していることに牽引されています。


本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]