細胞培養の市場規模、2025年には331億米ドルに到達予測 細胞培養をベースとしたワクチンの開発に大きな成長機会

細胞培養の市場規模は、2020年の190億米ドルからCAGR11.8%で成長し、2025年に331億米ドルへ達すると予測されています。細胞培養ベースのワクチンの利点に関する意識の高まり、モノクローナル抗体(mAbs)の需要の増加、細胞ベースの研究への資金提供、シングルユース技術への嗜好の高まり、先進的な細胞培養製品の発売などが主な要因となっています。

3D細胞培養の需要やパンデミックによる伝染病のリスクの高まりなどにより、細胞培養の主要プレイヤーに大きな成長機会が提供されると予測されています。一方で細胞生物学研究のコストの高さ、細胞をベースとした研究活動のインフラの欠如は、同市場の成長を抑制する主な要因に挙げられます。

COVID-19が細胞培養市場に与える影響

COVID-19のパンデミックにより、世界中の医療機関の負担は驚異的に増加しています。WHOによると、COVID-19の確定症例数は4354万739例で、死亡者数は116万650人(2020年10月28日現在)になりました。死亡者数が最も多かったのは米州で、次いで欧州、東南アジアとなっています。COVID-19のパンデミックにより、世界各国の政府は、自国の医療システムの崩壊を防ぐために、国を挙げてのロックダウンやソーシャルディスタンスの確保を実行する措置を発表しています。

現在、COVID-19の有効な治療法はワクチンや抗ウイルス薬にはなく、患者は対症療法で治療を受けているのが現状です。WHOによると、現在開発中のワクチン候補は70種類あり、そのうち3種類はすでにヒト試験が行われています。COVID-19発生の最前線では、原因ウイルスであるSARS-CoV-2のウイルス研究が世界中の研究者によって進められています。

細胞培養をベースとしたウイルスワクチンは、ヒト感染症に対する免疫化のため、世界的に使用されています。現在、SARS-CoV-2ウイルスの培養には、哺乳類細胞株が研究目的で使用されています。生物生産において、培地は、所望のレベルの薬効を有する治療薬を生産するため、コントロールされた環境下で増殖するのに必要な栄養素および構成細胞を提供します。細胞培養液、試薬、機器などの細胞培養製品は、研究者が細胞の動きを調べ、ワクチンを開発するのに役立ちます。細胞培養技術を用いたワクチン研究開発プロセスのスピードアップが期待されています。

細胞培養は、ウイルスワクチンを安全に生産するための基質を開発するための継続的なプロセスです。一方、コロナウイルスの蔓延を抑制・根絶するための新規ワクチンに対する世界的な需要の高まりと厳しい安全性のルールにより、研究者やメーカーは細胞培養をベースとしたワクチンの開発を余儀なくされています。この開発により、2020年の第1四半期から第3四半期にかけて細胞培養製品の需要が大幅に増加し、2020年の最終四半期と2021年にはさらに増加すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]