Eバイク、COVID-19の影響下で公共交通機関の代替手段に 安全性、利便性に加え手頃な価格により2021年は販売台数が急増見込み

Eバイクの市場規模は、2020年の411億米ドルからCAGR7.9%で成長し、2027年には700億米ドルに達すると予測されています。政府の支援やEバイクの販売拡大に向けた取り組みが、市場を牽引すると見込まれます。

COVID-19Eバイクに対するインパクト

COVID-19パンデミックの影響で、多くの人が公共交通機関を避けて通勤しています。Eバイクは、安全で便利、かつ価格が手ごろな公共交通機関の代替手段と考えられています。また、他の交通機関と比較して、Eバイクは安価かつ充電が容易で、支援インフラへの莫大な投資を必要としないことから、2020年と2021年にはEバイクの販売台数が急増すると推定されています。2021年以降、市場は落ち着きを取り戻すと予測されています。

2020年の第1四半期は、ロックダウンによりEバイク店舗が閉鎖され、販売数は激減しました。しかし、中国、インド、日本、米国、イタリア、フランスなど多くの国でロックダウンが解除された現在、Eバイクの販売が再び増加しています。また、Eバイクの購入者数も初めて増加しました。業界専門家やRad Power Bike、VanMoof、 Lectric e-bikeなどのEバイクメーカーによると、欧米では都市が検疫から解放され、夏が近づくにつれ、Eバイクは理想的な交通手段と認識され始めています。

Eバイク市場は、COVID-19後の2021年には売上高が大幅に増加すると予測されています。しかし、2021年以降、地下鉄、バス、タクシー・ライドシェアプラットフォームなど、より安全な公共・民間交通システムの復活を考慮すると、Eバイクの需要は緩やかなペースで伸びると考えられます。

牽引要因:COVID-19が世界のEバイク販売に与えるプラスの影響

急速な都市化と交通渋滞は、Eバイクの需要を牽引する要因の一つです。COVID-19のパンデミックにより、交通機関の共有モビリティへの需要は減少しています。Eバイクは、公共交通機関に代わる安全、便利で手頃な価格の代替手段と考えられます。ほとんどの国では、公共交通機関へのストレスを軽減するために、補助金と規制の変更によりEバイクの普及に取り組んでいます。また、他の交通機関と比較して、Eバイクは安価かつ充電が容易で、インフラへの莫大な投資を必要としません。

抑制要因:国際貿易政策と規制

欧州の反ダンピング政策の影響を受け、当初はEバイクの部品の需要を満たすことができませんでした。しかし、欧州は発展途上国に焦点を移し、トルコ、インドネシア、台湾、タイからの輸入を増やし、Eバイクと関連部品の需要を満たせるようになりました。米中貿易戦争の影響で、2018年から2019年にかけて米国ではEバイクの販売に影響が出ました。しかし、2019年11月には、米中間で貿易戦争を終わらせるための新たな協定が締結されました。貿易戦争が落ち着きを取り戻したことで、米国でのEバイクの販売に弾みがつくことになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]