ネットワークスライシング市場、セルラーネットワーク技術の進化により、データの高速化と低遅延化を実現

ネットワークスライシングの市場規模は、2020年の1億6100万米ドルからCAGR51.5%で成長し、2025年には12億8400万米ドルに達すると予測されています。ネットワークスライシング市場は、セルラーネットワーク技術の進化により、データの高速化と低遅延化を実現したことで市場の成長を牽引しています。セルラーネットワークで運ばれるデータ量が急増しているのは、主に消費者の動画需要や、クラウドサービスの利用に向けたビジネスのシフトが背景にあります。

ネットワークスライシングベンダーには大きな成長機会があります。5Gサービスの商用化と、世界中で非ライセンス・共有スペクトルの利用可能性が、ネットワークスライシング市場の将来を形作ると予想されています。

COVID-19パンデミックは、個人や企業を含む社会のあらゆるセグメントに影響を与えています。COVID-19パンデミックの間、通信部門は、各国のデジタルインフラをサポートするために、世界中で重要な役割を果たしています。連邦、州、中央、地方に関係なく、すべての個人と政府は、COVID-19に関するリアルタイムの情報を提供し、入手するために、社会の中で常に連絡を取り合っています。現在、医療、通信、メディア、娯楽、公共事業、政府機関は、状態を安定させ、すべての人に必要なサービスを提供するために、日夜問わず機能しています。

COVID-19の感染者は日に日に増加しております。COVID-19は個人だけでなく、大企業や中小企業にも大きな影響を与えています。製造業、自動車、繊維、輸送・物流、旅行・ホスピタリティ、消費財などの基幹産業は、世界各地で国レベルのロックダウンにより閉鎖されています。これは、GDPの減少という点で世界経済に大きな影響を与えます。古くから中小企業は経済のバックボーンとしての機能を果たしています。現在の状況では、COVID-19パンデミックの影響を最も受けているのは中小企業です。

牽引要因:IoTソリューションに対する需要の高まり

IoTの普及とM2M(Machine-to-Machine)通信ネットワークの継続的な進歩は、あらゆる種類のデバイス、家電製品、システム、サービスを接続することで、様々な産業に変化をもたらしています。IoTは、ネットワークスライシング対応の5Gがサポートする多くのユースケースの1つであり、大量のセンサーと接続されたデバイス間の通信を可能にします。IoTアプリケーションに求められる要件は、モバイルビデオ監視など高出力で低遅延なアプリケーションと、スマートシティやスマートファクトリーなど低出力で低遅延な長距離IoTアプリケーションに分類できます。5G技術の進化は、大規模な機械型通信とミッションクリティカルなアプリケーションに分類される新興のIoTアプリケーションのこれらの要件をサポートするためにペースを上げることが期待されています。

抑制要因:セキュリティ侵害による被害、運用上の損失のみならず、金銭的損失も

CIOは、サービスプロバイダだけでなく、企業にとっても大きな損失につながるネットワークスライシングのセキュリティに大きな関心を寄せています。新しいネットワークインフラはSDN、NFV、クラウドネイティブアーキテクチャの助けを借りて設計されています。ネットワーク機能はアンダーラインのインフラストラクチャから分離され、ローカル、リージョナル、セントラルのデータセンターに分散して配置されています。クラウドベースの5Gネットワークでは、ネットワーク機能の大部分がパブリックとプライベートのクラウドインフラ上に配置されます。

本記事の詳細は

商品名もっとみる

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]