耐火コーティングの市場規模、2025年に11億600万米ドルに到達見込み 火災安全対策などに向けた規制、基準の厳格化が市場成長を牽引

耐火コーティングの市場規模は、2020年の9億3300万米ドルからCAGR3.5%で成長し、2025年に11億600万米ドルに達すると予測されています。安全対策に対する意識の高まりと、追加の保護処理を必要とする軽量素材を好む傾向が市場を牽引すると予想されています。また、新たに建設される建物や製造工場では、安全性と耐火性の基準を満たす必要があるため、厳しい規制や規範も市場の成長を支えています。さらに、都市化の進展と建設産業の成長や、発展途上国などにおける低コストのセメント系コーティングの使用も、市場の成長を後押ししています。

COVID-19パンデミックは、北米および欧州諸国に深刻な影響を与えています。感染の予防措置として、建設および産業活動が中断されています。世界中で建設プロジェクトが中断されており、その結果、耐火性コーティングの需要が減少しています。また、サプライチェーンの混乱が塗料・コーティング業界の大きな課題となっており、原材料などの価格上昇が予想されています。

牽引要因: 世界的な意識、安全対策の高まりと規制の変化

人命の損失や怪我、物的損害につながる火災事故が増加していることから、火災安全対策や防火のための様々なコードや規制、基準が厳格化しています。欧米は他の地域と比較して、安全に関するコードや規制数が最も多い地域となっています。

新たに建設された建物や加工工場は、要求される安全性と耐火性の基準を満たす必要があるため、厳しい規制や規範の実施により、耐火性コーティングの需要を促進しています。成長機会を考慮して、市場関係者は厳しい安全・防火基準に適合した革新的な新製品の開発に注力しています。

このように、予防策として、政府、建設業者、建設業界は、住宅、商業施設、施設、工業用地で最大限の安全性を確保するために、耐火性コーティングを使用しています。これらの要因が市場の成長を支えています。

抑制要因 :経済の減速とCOVID-19の建設産業への影響

北米および欧州諸国、特に米国、イタリア、スペイン、英国、フランス、ドイツなどの国がCOVID-19パンデミックの影響を強く受けています。製造業の操業停止により、これらの国々のGDPは減少しています。OECDによると、欧州連合(EU)の2020年第1四半期のGDPは3.3%減少しました。

COVID-19パンデミックの影響で、2020年第1四半期と第2四半期に産業部門からの需要が激減しました。この影響は、石油・ガス価格の下落に加え、需要と供給の間の巨大なギャップにより、さらに強まりました。経済的損失のため、いくつかの大規模な建設プロジェクトは、景気回復まで中止・中断されました。欧州の建設支出の減少により、耐火塗料の需要が減少することになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]