レベルセンサーの市場規模、2025年には61億米ドルに到達予測 大手企業は、強力な通信プロトコルをレベルセンサー技術に採用

レベルセンサーの市場規模は、2020年の43億米ドルからCAGR7.5%で成長し、2025年には61億米ドルに達すると予測されています。これは、センサーの小型化、プロセス産業におけるレベルセンサーの採用率の上昇、IIoTソリューションの利用率の上昇、世界的な車両の安定生産などが主たる要因となっています。

レベルセンサー市場は、パンデミック前の予測ほどではないものの、2020年も引き続き収益を上げていく事が予想されます。上半期の損失は、下半期に発生した収益、または一部の業界では2021年末までに発生するだろう収益によってある程度補われると予想されます。次年度以降の成長は、すべての最終用途産業におよぶバックログ受注と、新規顧客への販売の依存が見込まれます。

牽引要因:センサーの小型化

過去10年間の驚異的な技術開発により、レベルセンサーのサイズは大幅に小型化し、これがレベルセンサー市場の成長に大きな役割を果たしてきました。レベルセンサー業界におけるサイズの縮小とMEMS技術の浸透は、自動車、航空宇宙・防衛、ヘルスケア、樹脂、廃液などの工業化学品、石油化学、水・廃水、建設・建築、エネルギー・クリーンテック、鉱業、紙、パルプ・林業、プラスチック、スラッジ・スラリー、食品・飲料などの産業におけるレベルセンサーの応用範囲を広げました。

抑制要因:レベルセンサーを提供するTier1プレイヤー間の競争激化

ABB、Siemens、Endress+Hauser、Emerson、Honeywellなどの大手企業が世界のレベルセンサー市場のシェアの大部分を占めています。これらのプレイヤーは、特定の技術に関する専門知識を持ち、地理的に優位に、確立された販売ネットワークを持つ主要なレベルセンサー技術メーカーや小規模レベルセンサメーカーを買収しています。さらに、これらのプレイヤーは、特定の産業認証への準拠を確実にするために、Profibus、HART、Fieldbusなどの強力な通信プロトコルをレベルセンサー技術に採用し、実装しています。アジア太平洋地域のメーカーは、RS232インターフェースからの4 mAから20mAのアナログおよびデジタル信号出力など、従来のアナログおよびデジタル通信プロトコルを使用していますが、これらの大手メーカーとの強力な競争に直面しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]