PVDF膜の市場規模、2025年には9億2500万米ドルに到達予測 厳しい排出処理基準により、上下水処理産業向け需要が増加

PVDF膜の市場規模は2020年の6億2900万米ドルからCAGR8.0%で成長し、2025年には9億2500万米ドルに達すると予測されています。PVDF膜の需要の増加は、水処理活性化の他、排出量および水処理に関する厳しい規制によるものです。

COVID-19 世界のPVDF膜市場への影響

PVDF膜は、バイオ医薬品、工業用、食品・飲料など様々な産業で使用されています。COVID-19はこれらの産業に深刻な影響を与えています。

各国でのロックダウンおよび物流制限は企業に悪影響を与えました。サプライチェーンの混乱、労働力不足、物流の制限、部品の供給制限、需要の減少、企業の流動性の低下、製造停止などが業界に悪影響を与えています。原材料サプライヤーやその他の関連ビジネスは、この危機的な時期に対応するため、戦略の再評価を余儀なくされています。

ロックダウンにより、多くの食品・飲料加工業、繊維業、水処理・廃水処理業の活動が停止しています。各企業はウイルスの拡散を避けるために予防措置をとっています。各国政府は混乱を注視し、COVID-19の影響を軽減するために、食品加工を促進し必要な措置を講じています。例えば、UAEでは現地の食品生産量を3倍に増やし、乳製品や食用油、デーツ、生鮮鶏肉、魚介類など必須品目の国産化を、製造日付きの包装で増産しています。シャットダウンが実施されていない地域でも、人や物資の移動が制限されているため、操業が遅れています。2020年後半になると、各国は制限を解除し、各分野で徐々に事業を開始しています。一方で、ロックダウンが解除された後も、PVDF膜メーカーが通常の業務状況に戻ることは難しく、今後のPVDF膜市場にさらなる影響を与えるでしょう。

牽引要因:都市廃棄物・産業廃棄物の排出・処理に関する厳しい規制

厳しい規制や持続可能性に関する指令により、水質浄化や廃水処理の需要が増加しています。世界のほとんどの国では、廃棄物の環境リスクをより低く保つため、汚染レベル抑制に向けたさまざまな排出規制法が施行されています。例えば、米国、英国、カナダ、オーストラリアでは、大気中の汚染レベルを低減するために排出基準を更新しています。ほかにも、ブラジル、南アフリカ、インド、中国、サウジアラビアなどの少数の発展途上国は、汚染レベルを削減するために5年ごとの目標を設定しています。カナダでは、毎年1500億リットル以上の未処理廃水が水路に放流されており、健康、環境、経済面で大きな問題となっています。欧州連合(EU)は第7次環境行動計画(EAP)を踏襲しており、2020年までの環境政策の指針とされていました。また、EU飲料水指令(DWD)では、飲料水の純度と飲用可能性を維持するためのいくつかの浄水義務と規制が提案されています。

これらの規制により、飲料水と廃水処理の高品質な基準が維持されることが保証され、上下水処理産業向けのPVDF膜の需要が増加することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]