腐食防止コーティング:米国市場における腐食による損失は年5000億米ドル超 耐食性材料の使用で、損失は3分の1に削減

腐食防止コーティングの市場規模は、2020年の69億米ドルからCAGR5.3%で成長し、2025年には89億米ドルに達すると予測されていました。しかし、世界的なCOVID-19パンデミックによる影響で、2020年の市場は縮小しました。

COVID-19の腐食防止コーティング市場への影響

COVID-19の大流行は、地域を超えて様々な産業に影響を与えており、ロックダウンや製造業の操業停止など経済にも打撃を与えています。COVID-19が流行する中、大手企業がオンラインで製品を販売するなど、短期的な計画を立て事業を継続しています。また、50%の人員削減を行い、在宅勤務を認め、ユニットや物流センターの調達を行っている企業もあります。

パンデミックは、樹脂やコーティング剤のサプライチェーンに混乱を引き起こし、需要パターンを変化させ、原材料価格に大きな影響を与えています。市場は、日々の状況の変化により混乱しています。最近の不安定な原油価格と世界に及ぼす影響は、腐食防止コーティング市場に大きな経済的圧力をかけています。

パンデミックは、ロックダウンにより建設活動の遅れや、労働力の可用性の低下を引き起こし、サプライチェーンを混乱させました。そして、多額の負債を抱える建設会社に大きな影響を与えました。また、建設工事の減速により、複合パネルメーカーにも影響を与えました。

石油・ガス、船舶、農業機械、設備機器は、COVID-19による混乱を最も受けている分野です。AkzoNobel、Sherwin Williamsなどの世界的な多国籍企業はパンデミックによる被害をあまり受けないと考えられていますが、中小企業はこの厳しい状況下で最も被害を受けることになると予測されます。

牽引要因:腐食による損失・損傷の増加

腐食は深刻な問題の一つとして認識されています。腐食による金額ベースの損失は非常に大きく、資産や人々の生活を脅かす直接的な脅威となっています。2011年の土木学会(ASCE)によると、米国における腐食による損失は毎年5000億米ドルを超えると推定されています。錆、腐食、消耗、偶発的な損傷などによる莫大な金銭的損失が、固定資本(CFC)の消費に影響を与えています。これらの損失は、製造業や不動産業に多く見られ、経済の減価償却につながります。

しかし、腐食防止コーティングなどの耐食性材料を使用することで、この損失の3分の1以上は防ぐことができます。したがって、この損失を減らす必要性は、腐食防止コーティング市場の成長の最大の推進力になると考えられます。

本記事の詳細は

商品名もっとみる

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]