医療用ロボットの市場規模、2025年に127億米ドル到達予測 高い精度と再現性、高度な可視化機能を提供

医療用ロボットの市場規模は、2020年の59億米ドルからCAGR16.5%で成長し、2025年には127億米ドルに達すると予測されています。これは、ロボット支援手術やリハビリテーション治療におけるロボット支援トレーニングの利点、ロボットシステムの技術的進歩、償還シナリオの改善、手術用ロボット採用の増加、医療用ロボット研究のための資金調達の増加などに起因しています。一方で、ロボットシステムの高コストが、今後数年間、市場成長を制限すると考えられます。

COVID-19の医療用ロボット市場への影響

COVID-19パンデミックは、前例のない規模で多くの人々の生活とビジネスを根底から覆しています。そして、医療用ロボット市場にも悪影響を与えています。パンデミックにより、全世界で一時的に待機手術が禁止された事で、その数が減少しています。CovidSurg Collaborativeの研究者が発表したレポートによると、COVID-19パンデミックのピーク時にあたる12週間にキャンセルされた手術件数は、世界全体で約2800万件にのぼりました。外科手術の減少により、機器やアクセサリー部門の販売から収益が得られず、医療用ロボット市場の収益の減少につながりました。Intuitive Surgicalの報告によると、2020年第2四半期に実施されたダヴィンチの外科手術件数は、2019年第2四半期と比較して約20%減少しています。また、第3四半期には様々な地域でCOVID-19の有病率が上昇したため、さらなる減少が予想されました。

資本市場や世界経済はCOVID-19パンデミックの影響を受けており、地域的または世界的な経済不況が長期化する可能性があります。また、パンデミックは、資本および全体的な支出を削減した医療機関に多くの財政的負担をかけているため、経済的混乱は医療ロボットメーカーにも悪影響を与える可能性があります。ほとんどの病院では、資本設備の継続的な購入を先延ばしにしています。しかし、医療用ロボットの需要は、2022年初頭にはかつての市場レベルに戻ると予想されています。

牽引要因:ロボット支援手術のメリットおよびリハビリにおけるロボット支援トレーニング

低侵襲手術(MIS)の需要が世界的に増加しています。これは、小さな切開や切り口、傷跡の減少、痛みの軽減、安全性の向上、回復期間の短縮、大幅なコスト削減などの利点によるものです。ロボットによる低侵襲手術は、より高い精度と再現性を確保するだけでなく、より精密なコントロールと効率性の提供が可能です。2018年に発表された腹腔鏡下子宮摘出術に関する婦人科研究の論文によると、開腹手術へのストレートスティック腹腔鏡下手術の転換率は25%でした。一方、ロボットプラットフォームを使用した手順では、通常5%未満の転換率が示されており、罹患率と出血量の減少につながります。

ロボット手術は、優れた術野を外科医に提供する高度な可視化機能を提供しており、HDカメラを使用してミクロな構造まで描写する事ができます。これらのシステムは、人の能力を上回る器用さを提供します。360度回転する能力と優れた操縦性があれば、ロボットは外科医がアクセスしにくい部位にも到達することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]