食品認証の市場規模、2025年には62億米ドルに到達予測 不適合製品への罰則強化は企業に認証コンプライアンスへの投資を促す見込み

食品認証の市場規模は、2020年の47億米ドルからCAGR5.4%で成長し、2025年には62億米ドルに達すると予測されています。食品認証市場の成長は、栄養面でのリスクを避け、食中毒による病気や死亡者数を減らすため、食品安全基準の必要性が高まっていることにより牽引されています。食品認証のために政府が課した厳しい規制は、新たな食品認証基準を設けるために、主要プレーヤーの注目を集めています。

COVID-19 の食品認証市場への影響

食品認証市場には、SGS(スイス)、DNV(ノルウェー)、Lloyd’s Register(英国)、Bureau Veritas(フランス)、Control Union Certifications(オランダ)、Intertek(英国)、Eurofins(ルクセンブルグ)などの主要なTierIおよびTierIIサプライヤーが含まれています。これらのサプライヤーは、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、北米、南米、世界各国に製造施設を展開しています。

食品貿易の増加と加工食品の製造部門の拡大に伴い、生産者は食品の安全性と品質の確保に力を入れています。しかし、COVID-19パンデミックの影響で食品事業は世界中で影響を受けました。ソーシャルメディアによる動物性製品の消費に伴う健康リスクに関する情報は、食肉製品市場に悪影響を与えています。これらの要因は、植物由来の食品認証の市場の成長を奨励し、植物由来のフリーフロム製品の需要を押し上げると予測されています。

牽引要因:厳格な食品業界の基準と認定要件

規制の介入は、今後数年間で食品認証業界に多大な影響を与えると予測されています。政府による規制の増加、広範な業界基準、認証要件が市場の成長を牽引すると予測されています。不適合製品に対する罰則強化は、企業の認証コンプライアンスへの投資を促すと予測されます。これらの要因が市場の成長にプラスの影響を与えると見込まれます。

制約要因:食品認証基準とガイドラインの調和の欠如

安全な食品に対する消費者の要求は絶えず増加しています。これにより、多数の食品安全規格が開発されてきました。その結果、食品安全管理のための国家規格の増加は、混乱を招き、食品安全規格の調和の必要性が高まっています。産業界の専門家は、効率を高めるために食品法の多重化を軽減し、調和のとれた食品安全基準に統一する提案が増え始めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]