耐放射線硬化エレクトロニクスの市場規模、2026年には17億米ドルに成長見込み 放射線被曝に耐えられる電子システムへの需要が増加

耐放射線硬化エレクトロニクスの市場規模は、2020年の14億米ドルからCAGR3.5%で成長し、2026年には17億米ドルに達すると予想されています。産業界では、放射線の影響から機器やシステムを保護するために放射線硬化エレクトロニクスを使用しています。諜報・監視・偵察(ISR)業務の増加、通信衛星セグメントにおける耐放射線エレクトロニクスへの高い需要、原子力産業における大量の放射線被曝に耐えられる電子システムへの需要の増加が、この市場の成長を加速させています。一方、実際の試験環境の整備の難しさ、開発・設計コストの高さなどが成長の抑制要因となる可能性があります。

COVID-19 の放射線硬化エレクトロニクス市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界的に健康と経済に影響を及ぼしました。COVID-19以前のシナリオでは、放射線硬化型電子機器の需要は着実に増加していました。米中貿易摩擦で増加した米国の放射線硬化エレクトロニクスの輸入に、その直接的な影響を見ることができます。米国と欧州は半導体部品の主要輸入国です。これらの地域における放射線硬化型電子部品に対する高い輸入関税は、サプライチェーンの混乱とともに、米国と欧州に拠点を置く放射線硬化型電子部品メーカーに悪影響を与えています。これは需給の不均衡を招き、市場の成長にマイナスの影響を与える可能性があります。しかし、市場は今後2年間で緩やかに回復し、2020年から2026年にかけてCAGR3.5%で成長すると予想されています。

推進要因 : 世界的な情報・監視・偵察(ISR)活動の増加

防衛産業では、敵や同盟国の一歩先を行くために、諜報・監視・偵察(ISR)活動が日々増加しています。高品質で信頼性が高く、環境に配慮した最終製品が使用されていれば、どのようなISR作戦でも成功を収めることができます。そのため、宇宙・海洋・軍事分野では、最新のプロセッサ、制御装置、電子機器が好まれています。特に宇宙運用のために、電子機器は、その性能と電力を劣化させることなく、平均15年間、非常に厳しい環境に耐える必要があります。放射線硬化型電子部品は、商業・軍事用途の両方でこれらのISR運用のニーズに対応しています。

制約事項:開発・設計コストの高さ

放射線硬化型電子部品に関連するコストの高さが今後の課題となっています。生産・販売量が少なく、開発サイクルが長いことから、これらのコストは高止まりしており、世界の放射線硬化型電子機器市場における主要プレーヤー間の競争が激化しています。特にパワーデバイス分野では、これらの要因により、過去数年間の技術開発は進んでいません。この要因が放射線硬化エレクトロニクス市場の成長を今後数年間抑制する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]