タンクレベル監視システム:化学プラント、パルプ・ペーパー、製鉄所など、プロセス産業の安全性と効率性を求め需要が増加

タンクレベル監視システムの市場規模は、2020年の7億5700万米ドルからCAGR6.9%で成長し、2025年には10億5700万米ドルに達すると予測されています。プロセス産業からの需要拡大とIoTベースのタンクレベル監視システムの需要拡大が、タンクレベル監視システム市場の成長を牽引する主な要因となっています。

Covid-19 のタンクレベル監視システム市場におけるインパクト

COVID-19パンデミックの発生は、製造業、石油・ガス、その他多くの産業の成長に悪影響を与えています。石油・ガスはタンクレベル監視システム市場の主要な最終用途産業です。COVID-19の影響で、石油・ガスのバリューチェーン全体で進行中のプロジェクトや新規プロジェクトの多くは、その実行、計画、リスク管理の面で多くの課題に直面する可能性が高いと思われます。LNG、石油化学、石油貯蔵・製油所を含む様々なセグメントにわたる2000件以上のEPC石油・ガスプロジェクトが、パンデミックの影響で停止または遅延を余儀なくされています。エネルギー調査会社のRystad Energyは、原油価格が25%下落すると、世界的に300億米ドルの石油・ガス投資が削減される可能性があると予測しています。

また、自動車や交通機関もタンクレベル監視システム市場の主要な最終用途産業です。米国、中国、日本、韓国を含む多くの国がCOVID-19パンデミックのために自動車の生産を停止しています。

石油・ガスや自動車以外にも、発電や鉱業など世界の多くの産業がパンデミックの影響で生産活動を停止しています。これにより、タンクレベル監視システムの需要を低下させ、市場成長に大きな影響を与えると予想されます。

牽引要因:プロセス産業からの需要の増加

化学プラント、パルプ・ペーパー、製鉄所、発電、ガラス製造などのプロセス産業では、安全性と効率性を求めるタンクレベル監視システムの需要が増加しており、市場の全体的な成長を後押しすると予想されています。

過剰充填は、サイロ自体を損傷させる危険性があるだけでなく、材料や生産の損失にもつながります。危険物を含むタンクにおける流出は、環境に悲惨な影響を与え、それに伴う清掃費用や罰金が発生する可能性もあります。また、原料タンクの補充が時間内にできないと、企業の在庫切れを招き、生産や配送の遅延につながる可能性があります。この事がタンクレベル監視システムの採用の大きな理由の一つです。

抑制要因:無線通信を利用によるセキュリティ上の問題

タンクレベル監視システムは、産業用アプリケーションであり、タンクの燃料とレベル、およびあらゆる漏れに関する有用なデータを提供します。さらに、無線インフラストラクチャには分析ソフトウェアとインターネット接続が必要です。タンクレベル監視システムのハードウェアとソフトウェアは相互に接続されており、インターネットを介して通信します。タンクレベル監視システムから取得されたデータは、貯蔵用に構築された仕組みを使用しているため、データの損失や誤動作につながる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]