生体認証システム市場、監視やセキュリティでのニーズの高まりや自動車用途での採用急増が市場の成長を後押し

生体認証システムの市場規模は、2020年の366億米ドルからCAGR13.4%で成長し、2025年には686億米ドルに達すると予測されております。認証や識別を目的とした家庭用電気製品での生体認証の使用の増加、テロ攻撃の脅威が高まる中での監視やセキュリティのニーズの高まり、自動車用途での生体認証技術の採用の急増が、市場の成長を後押しする主な要因となっています。

COVID-19の生体認証システム市場への影響

新型コロナウイルスは、生体認証システムの供給に多大な影響を与えています。これは世界的な状況がどのように安定し、工場がいつフル稼働するかに大きく左右されます。接触型生体認証システムの需要は、COVID-19パンデミックの発生によりマイナスの影響を受けています。パンデミックが収まっても、コロナウイルスの蔓延を避けるため、接触型生体認証システムの需要は激減する可能性があります。一方で、顔認証、虹彩認証、音声認証などの非接触型生体認証システムは、COVID-19後も需要が高まると予想されます。

牽引要因:利便性の向上、安全なIdM、優れたHRM確保のため、企業による利用が増加

生体認証システムは、パスワード、PIN(暗証番号)、またはスマート・カードに依存する従来のセキュリティ・システムと比較して、より迅速で便利、かつ安全なソリューションであると考えられています。これらのシステムは、国際テロリズム、組織犯罪、身分証明書の盗難や文書詐欺に関連した不法移住などのセキュリティ上の重要な課題の克服に役立っています。さらに、生体認証システムは設置が簡単で、運用に高度な専門知識を必要としません。

抑制要因:高い導入コスト

生体認証システムを選択して導入する際にコストは考慮すべき重要な要素です。例えば、低セキュリティのアプリケーションでは単一要素の生体認証システムで済むのに対し、高セキュリティのアプリケーションでは多要素認証が必要となります。多要素バイオメトリックアプリケーションの実装コストは、デバイスで使用されるセンサーの種類によって増加する可能性があります。生体認証ソリューションは、コンポーネントおよび設置のコストが高いため、民間企業や公的企業から生体認証技術への需要の妨げとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]