紫外線安定剤市場:自動車用プラスチックやコーティング用途での使用が市場の成長を促進

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「紫外線 (UV) 安定剤の世界市場 (~2025年): タイプ (HALS・UV吸収剤・クエンチャー)・用途 (自動車・包装・農業・建築&建設・接着剤&シーラント・その他)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を1月*日より開始いたしました。

紫外線 (UV) 安定剤の市場規模は、2020年の12億米ドルからCAGR 5.5%で成長し、2025年には16億米ドルに達すると予測されています。パッケージングや自動車アプリケーションからの需要の増加が、市場の成長の牽引要因となっています。

COVID-19 の紫外線安定剤市場への影響

UV安定剤市場のサプライヤーには、BASF SE(ドイツ)、Clariant AG(スイス)、Solvay(米国)、Evonik Industries AG(ドイツ)、Songwon Industrial(韓国)などの主要なTier IおよびTier II企業が含まれています。COVID-19は、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、南米、中東・アフリカの様々な国に製造施設を有す主要サプライヤーのビジネスにも影響を与えています。

これらのプレーヤーは、需要の減少、サプライチェーンのボトルネック、およびCOVID-19パンデミック期間中に従業員の安全を守るために米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインでの生産の停止を発表しています。その結果、2020年のUV安定剤の需要は減少すると予想されました。メーカーはボトルネックを防ぐために生産を調整し、Tier Iメーカーの需要に応じて生産を計画すると思われます。

牽引要因:アジア太平洋地域におけるUV安定剤の需要増加

アジア太平洋地域は、工業化が急速に進んでおり、包装やコーティングなどの最終用途産業からの需要が増加しており、最も急速に成長すると考えられます。米国、ドイツ、フランスなどの先進国市場から、インド、中国、メキシコ、中東・アフリカなどの新興国市場へと、UV安定剤の消費と生産能力はシフトしました。また、新興国でのUV安定剤材料は、アジア太平洋地域に巨大市場をもたらしました。

欧州の自動車産業の拡大と、中国、インド、日本などのアジア太平洋地域での自動車産業の拡大は、自動車用プラスチックやコーティングアプリケーションでのUV安定剤の使用を促進しています。これらの国々は、化学品や安定化化合物の生産の主要なハブとして知られています。インドは、他の市場と比較して人件費が安く、生産コストも安いため、BASF SE(ドイツ)、Clariant AG(スイス)などの様々なプレーヤーが市場を拡大するための最も有利な地域と考えられています。また、様々な製品や材料に対する紫外線曝露による劣化の認識が高まっていることから、アジア太平洋地域の包装・自動車コーティング用途市場では、HALSやUVAなどの紫外線安定剤の需要が高まっています。

抑制要因:UV安定剤の原材料価格の変動

紫外線安定剤の製造工程では、CDON、CYC、塩化ベンゾイル、ベンゼン、塩化アルミニウム、亜硝酸ナトリウム、酢酸、TAA、3-ベンズナフタリドなどの様々な原料が使用されています。原料は、最終用途の要件と仕様に基づいて選択されます。紫外線安定剤の原料市場は、CDON、CYC、ベンゼン、塩化アルミニウム、アミンなどの中でも価格変動に大きな影響を与える変動性の高い市場です。特にCDON、CYC、塩化物などの原材料の入手可能性や価格は変動が激しく、価格の上昇は製造コストに悪影響を及ぼす可能性があります。CDON、CYCはプラスチック部品に使用される紫外線安定剤の合成に使用される主成分であり、TAAはHALSに使用される主な原料となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]