パーソナルケア原料の市場規模、2025年には139億米ドルに到達予測 発展途上国を中心とした消費者のライフスタイルの変化が推進要因に

パーソナルケア原料の市場規模は、2020年の114億米ドルからCAGR4.0%で成長し2025年には139億米ドルに達すると予測されています。発展途上国におけるライフスタイルの変化と消費者の購買力の向上、多機能パーソナルケア原料の急速な成長が、市場の成長を牽引する主な要因となっています。欧米では、より高品質な原料への需要が高まっており、市場の需要を牽引しています。消費者はバイオベースや天然のパーソナルケア原料を好むため、パーソナルケア原料メーカーに成長の機会を提供しています。

COVID-19のパーソナルケア原料市場への影響

コロナウイルスの発生はパーソナルケア業界に影響を与え、原料市場にも直接影響を与えています。これは、ソーシャルディスタンスの確保に従うために各国が課したロックダウンに起因しています。世界全体の経済の減速は、業界に混乱をもたらしました。製造施設のシャットダウンは、市場に悪影響を与えています。パンデミックは必需品の購入にも影響を与え、人々の消費パターンも変化しました。

COVID-19の影響で、パーソナルケア市場におけるフレグランス、ヘアスタイリング製品、メイクアップなどの支出が大幅に減少しました。消費者は主に手洗い、ボディソープ、ローションなどの基本的な必需品を中心に支出するようになりました。世界的なロックダウンは消費者の支出と消費パターンを変化させ、パーソナルケア業界の様々なセグメントに影響を与えています。

発展途上国におけるライフスタイルの変化と消費者の購買力の向上

都市化の進展、働く女性の増加、ライフスタイルの変化、衛生やスキンケアに対する意識の高まりなどが、パーソナルケア原料市場の主な推進要因となっています。衛生や個人の健康に対する意識の高まりが、パーソナルケア製品のニーズを後押ししています。この変化により、スキンケア製品やヘアケア製品の製造が増加し、パーソナルケア原料の需要を牽引しています。

中国、ブラジル、インドなどの発展途上国を中心に、消費者のライフスタイルの大きな変化が報告されています。所得と購買力の増加に支えられた開発により、これらの国のパーソナルケア原料の需要が増加しています。衛生、美容、健康に対する意識は着実に高まっています。例えば、以前は都市部で使用されていたプレミアムスキンケア製品やヘアケア製品は、インドや中国の農村部にも浸透するようになりました。こういった消費パターンの変化が、化粧品・パーソナルケア業界を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]