RNA解析・トランスクリプトミクス市場:個別化医療の需要の高まりが牽引要因に

RNA解析の市場規模は、2020年の45億米ドルからCAGR13.9%で成長し、2025年には87億米ドルに達すると予測されています。これは、個別化医療の需要の増加、オミックスに対する製薬・バイオテクノロジーの研究開発費や政府の資金援助の増加、トランスクリプトミクス市場におけるRNAシーケンシングの応用の増加が主な要因となっています。

バイオマーカー発見やトキシコゲノミクスへの注目の高まり、アウトソーシングサービスへの関心の高まりは、世界のRNA解析・トランスクリプトミクス市場で事業を展開しているプレイヤーに大きな成長機会を提供すると予想されています。一方で、高額な設備投資の必要性やデータ管理の問題は、この市場の成長をある程度抑制すると予想されます。

COVID-19 世界のRNA解析・トランスクリプトミクス市場への影響

RNA解析・トランスクリプトミクス市場は、今後2年間で、CAGR15%から17%で成長すると予想されています。

より迅速な検査と研究へのニーズの高まりに伴い、トランスクリプトーム技術、特にNGSとPCRの分野での需要が増加しています。FDAは、COVID-19の検査・診断における緊急時の使用を目的として、PCR検査パネルや薬剤など、様々な腫瘍学的プロファイリング検査を承認しています。

COVID-19患者の気管支肺胞液(BALF)および末梢血単核細胞(PBMC)検体から分離されたRNAのトランスクリプトームシークエンスは、SARS-CoV-2(HCoV-19)感染に対する宿主炎症反応の転写シグネチャーを特徴づけるために実施されています。これは、抗炎症薬の臨床指導や、効果的な治療法を考え出すための宿主反応の分子機構の理解に活用されています。

米国ではCOVID-19の流行が指数関数的なレベルで増加しています。これにより、病院やクリニックへの定期的な患者の受診が減少し、通常の状況下で行われているプロファイリング試験の数が減少しています。このことが市場の成長をある程度抑制すると予想されます。

牽引要因:個別化医療の需要の高まり

医療業界の研究の中心となっている個別化医療は、臨床の主流に入り、多くの疾患の特定、分類、治療の方法を変えつつあります。これらの進歩は、特に腫瘍学の分野で顕著に現れています。この傾向は今後も続くと予想されています。

抑制要因:高額な設備投資

新規アプリケーションの普及に伴い、トランスクリプトミクス研究の利用は、新薬、ワクチン、診断標的の発見、毒性学、臨床研究における活性の代替マーカーの同定から、薬物作用のメカニズムに関する情報を提供する能力にまで拡大しています。そのためには、さまざまな種類のプラットフォームや機器、実験室の文書化システムを使用する必要があり、分析にかかるコストが高くなる一因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]