5G固定無線アクセスの市場規模、2020年の5億300万米ドルから2026年には866億6900万米ドルに到達、CAGR135.9%で成長予測

5G固定無線アクセスの市場規模は、2020年の5億300万米ドルから2026年には866億6900万米ドルに達し、CAGR135.9%で成長すると予測されています。マシンツーマシン(M2M)やモノのインターネット(IoT)などの先端技術の採用が増え、5G固定無線アクセスのためのミリ波技術の利用が増加していることが、市場の成長を後押しすると予想されます。一方、インフラコストの高さやミリ波技術による環境への悪影響が、市場の成長の抑制要因となっています。

COVID-19の5G固定無線アクセス市場への影響

COVID 19の蔓延と各国政府の非常事態宣言により、企業がビジネスを継続し、従業員は社会的距離を保つガイドラインに従うために、在宅勤務を採用するケースが増えています。ワークオブホーム、ソーシャルディスタンス、オンライン教育などのトレンドは、5G 固定無線アクセス市場の成長を後押ししています。パンデミックの影響で、世界の無線業界が異なる規格を策定し、無線通信関連の展示会を開催する事が難しくなっています。国や業界に対するCOVID-19の影響に対抗するために、この技術が活用されています。

推進要因:待ち時間と電力消費を削減した、高速インターネット接続と幅広いネットワークに対する需要の高まり

過去10年間で、ネットワーク接続と関連サービスの改善が行われてきました。接続性を完全に制御し、顧客へのマルチキャリアサポートの提供を目指す多くの中小企業は、高速データ伝送を実行できる高速ネットワークを必要としています。5Gネットワーク技術は、増加するデータトラフィックをサポートするのに十分な帯域幅を提供することができます。そして、3Gや4Gネットワークに比べて、10倍から100倍の容量と高速データサービスの提供を可能にします。そのため、高速ブロードバンドサービスに対する需要の高まりが、5G固定無線アクセス市場の成長を牽引すると予想されています。

遠隔学習、自律運転、マルチユーザーゲーム、ビデオ会議、ライブストリーミング、遠隔医療、拡張現実など、いくつかの商業用および家庭用アプリケーションにおいて、スマートフォン、ラップトップ、スマートデバイスなどのコネクテッドデバイスの採用が増加しています。拡張カバレッジを実現するために、5G固定無線アクセスソリューションの需要が発生することが予想されます。

2019年11月の欧州委員会の報告書によると、ブロードバンド機器は、世界のICT部門の全体的なエネルギー消費量の約21%を占めています。この電力消費は、ほとんどが無線アクセスネットワークによるものです。したがって、5Gシステムは、このカーボンフットプリントを削減するためにエネルギー効率が高くなるように設計されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]