天然着色料・香料の市場規模、2025年には68億米ドル到達予測 消費者の約75%がクリーンラベル導入による製品の高価格化を容認

天然着色料・香料の市場規模は2020年の50億米ドルからCAGR5.4%で成長し2025年には68億米ドルに達すると予測されています。消費者の間でのクリーンラベル製品への需要の高まりが市場を牽引すると予想されます。欧州地域では、天然成分入り食品を求める需要から市場を支配する傾向にあり、南米地域は、ミレニアル世代の間で、クリーンラベルや植物ベースの食品に対する需要が大きいため、急速に成長する見込みです。

推進要因:天然物やクリーンラベル製品の需要の伸び

健康意識の高まり、人々の消費力の向上、食品添加物に対する懸念により、天然素材やクリーンラベルを使用した食品に対する需要は、ほぼすべての地域で増加しています。そのため、メーカーは自然食品や飲料のポートフォリオを拡大することに注力しています。

クリーンラベル製品とは、オーガニック製品、ナチュラル製品、非遺伝子組み換え製品、さらに、加工を最小限に抑えた消費者に優しい製品のことです。クリーンラベルアライアンスによると、消費者の約75%がクリーンラベル製品のために高い価格を支払うことを望んでいることが報告されています。消費者の間での健康意識の高まりは、天然着色料や天然香料の需要を増やし、クリーンラベル製品の需要を引き起こします。消費者は、非合成成分とその悪影響をより認識し、クリーンラベル製品を選ぶ傾向にあります。

小売業者もまた、自社のプライベートブランドを提供することで、消費者からのクリーンラベル製品への需要の高まりに対応しています。COVID-19の発生により、消費者は安全な消費と健康上の利点を理由に、より多くのクリーンラベル製品を購入するようになりました。これは、天然着色料・香料業界の成長を促進します。

抑制要因:高コストと限られた原材料の利用可能性

自然食品や香料の原料の多くは農作物を原料としています。このような原料の入手が限られていることが、原料価格の上昇の主な要因となっています。農家は、原料となる作物の生産量を増やすために、精密農業などの新しい農法を導入しています。自然食品の原料の入手可能性は季節によって変化しています。豪州東部と米国中西部では、猛暑による農業生産量の大幅な減少が観測されています。このため、原材料の入手可能性が限られていることが、原材料価格の上昇の大きな要因の一つとなり、市場の成長を制限していると予測されています。一方で、ロシアなどの未開発な国の中には、巨大な生産可能性を持つ国もあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]