光電センサー市場、製造現場の生産ラインや組立ラインへの採用で生産効率が飛躍的に向上

光電センサーの市場規模は、2020年の15億米ドルからCAGR7.8%で成長し、2025年には21億米ドルに達すると予測されています。さまざまな産業での光電センサーの広範な使用により、再帰反射型光電センサーが増加し、産業用ロボットでの採用が急増していることが、市場の成長を促進する要因となっています。

COVID-19の光電センサー市場への影響

同市場は、COVID-19の発生と蔓延による影響で、光電センサーの出荷台数と収益が減少しました。その結果、2020年前半は市場の成長トレンドに陰りが見られました。しかし、2020年後半には、工業用製造業、家電、自動車・輸送、食品・飲料、包装用途からの安定した需要により、在庫レベルの正常化と光電センサーの需要増加が期待できると予測されました。一方で、COVID-19による製造施設の一時的な操業停止は、光電センサーの生産にも影響を与えました。COVID-19の蔓延は、光電センサーのバリューチェーンを運営するプレーヤーに大きな影響を与えています。世界的なロックダウンは、光電センサーの生産にも影響を与え、世界各国のGDPや一人当たりの所得にも影響を与えています。その結果、大衆の購買力が低下し、市場全体の前年比成長率が低下しました。

推進要因:光電センサーの広範な使用用途

現在、産業界から正確な出力を提供するセンサーへの需要が継続的に増加しています。これらのセンサーは、多様なサイズの物体を検出し、あらゆる種類の材料を感知することができなければなりません。また、長い検出範囲を持ち、費用対効果が高く、長寿命である必要があります。メーカーが製品の品質を損なうことなく生産効率を向上させることに注力しているため、光電センサーの需要は継続的に増加しています。生産プロセスの欠陥は、莫大な損失につながる可能性があります。このため、メーカーは生産ラインや組立ラインに光電センサーを採用しています。例えば、食品・飲料業界では、光電センサーは製品のサイズや欠陥の検出、細かい物体のカウント、ボトルキャップのずれのチェックなどに使用されています。印刷および包装業界では、赤、緑、青の光を個別にスキャンすることで色を検出し、光グリッドで広いエリアを監視するために使用されます。輸送業界では、物体の位置を評価したり、距離を測定したりするために使用されています。ロジスティクスやマテリアルハンドリング業界では、効率的で安全な操作のために、ロボットのピッカーやトラックが光電センサーを使用しています。自動ドアやエレベーターも、人の存在を検出したり、数を数えたりするためにこれらのセンサーを使用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]