食品酸化防止剤の市場規模、2025年には18億米ドルに到達見込み 天然由来の酸化防止剤へのニーズが高まる

食品酸化防止剤の市場規模は、2020年の13億米ドルから2025年には18億米ドルに達し、CAGR6.0%で成長すると予測されています。鶏肉の需要の増加、多忙なライフスタイルによる消費者の嗜好の変化、食品中の天然酸化防止剤へのニーズの高まりなどの要因が、食品酸化防止剤市場を牽引しています。

COVID-19の食品酸化防止剤市場への影響

COVID-19の飼料消費への影響は、肉や畜産物、牛乳、卵などの副産物の消費にダメージを与えました。これは主に設備のシャットダウンにより、多くの国でロックダウンが行われた結果、飼料の供給が不足した事に起因しています。

さらに、消費を通じたCOVID-19への感染の恐れから、家禽製品を消費する事に対し懐疑心が高まっています。これらの点で、世界市場における飼料の需要が減少しています。

パンデミックにより、食料品や食品原料の買い占めがより一般的になりました。スーパーマーケットでは、アクティブと非アクティブの両方の酵母製品の需要が急増しました。パンデミックの初期段階での需要を満たすために、大袋での製品の売り出しをやめ、小袋での販売をする売り手が増えました。

国際食品添加物協議会(IFAC)によると、コロナウイルスによる困難な状況にもかかわらず、食品供給の安全性と品質は依然として強固であり、食品添加物・抗酸化剤は、家庭での食品の品質を維持する上で重要な役割を果たし続けています。食品添加物・酸化防止剤は、食品の保存に安定性を保ち、製品の賞味期限を延長し、賞味期限に必要以上に過敏になること無しに食品の備蓄を可能にします。このパンデミックの困難な時期に、消費者はしばしば店舗やスーパーでの買い物時間を最小限に抑えていますが、実行可能な解決策として食品添加物を含む食品やパッケージ食品を備蓄しています。IFACによると、味、食感、鮮度、食品の全体的な外観に貢献することに加えて、食品添加物は製品の安定性と保存性に大きく貢献しています。

牽引要因:加工食品業界の成長

加工食品は、賞味期限を長くしたり、腐敗を低減したり、使いやすく処理された製品です。高い可処分所得を得る人や働く女性が増えている事により、加工食品業界は、今後も大幅な成長が期待され、食品酸化防止剤市場にプラスの影響を与えるでしょう。

都市化とライフスタイルの変化は、食品に対する消費者の嗜好の変化につながっています。消費者は、自分が消費する食品や、これらの食品に使用されている原材料について、より多くの情報を得るようになってきています。

抑制要因:天然食品酸化防止剤の高コストと合成食品酸化防止剤の安全性の問題

混合トコフェロール(ビタミンE)やビタミンCなどの天然の食品酸化防止剤は、石油製品に由来するBHA、BHT、TBHQなどの合成品に比べて原料価格が割高になっています。また、合成食品酸化防止剤の安全性には課題があり、その使用はほとんどの国で規制されています。この課題により、天然由来による食品酸化防止剤の研究を促進しています。天然の酸化防止剤を使用することで、食品メーカーは、全天然成分のクリーンなラベルの付いた安定した製品を製造することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]