医薬品包装機器の市場、低コストの製造施設を持つ中南米やアジア太平洋地域の存在が市場の成長要因に

医薬品包装機器の市場規模は、2020年の73億米ドルからCAGR7.4%で推移し、2025年には104億米ドルに達すると予測されています。市場の成長は、急速に成長するジェネリック医薬品とバイオ医薬品市場、OTC医薬品の売上高の増加、柔軟で統合された包装機器へのニーズの高まり、医薬品市場におけるオフショア製造の増加、包装に関する規制基準と偽造に対する厳しい規制の導入などが原動力となっています。しかし、改装された包装機器の採用や包装機器の高コストなどの要因は、市場の成長をある程度抑制することが予想されます。

COVID-19 医薬品包装機器市場への影響

2019年12月以降、COVID-19パンデミックは世界的に医療提供に大きな影響を与えています。このことで、製薬会社で行われる研究開発手続きの数が大幅に増加しています。世界中の科学者や研究者が、コロナウイルスの治療のためのワクチンや薬剤の開発に従事しています。このシナリオは、医薬品包装機器市場に直接的な影響を与えることが予想されます。また、世界中の企業は、必要性の低い事業の閉鎖による問題に直面しています。その結果、包装に必要な原材料のサプライチェーンにいくつかの障害をもたらし、需給ギャップが生じています。

牽引要因:ジェネリック医薬品・バイオ医薬品市場で高成長

医薬品市場は、医療費の増加、新薬の導入、慢性疾患の増加により、今後数年間で着実に成長を遂げると予想されています。今後、多くのブロックバスター医薬品が特許を失うことが予想されています。これにより、低価格のジェネリック医薬品の参入が可能となり、医薬品の販売量が増加する可能性があります。2018年末には、米国や英国などの成熟市場で、特許が切れた処方薬の存在により、医薬品の売上高が、1000億米ドル以上減少すると予想されていました。しかし、実際には、ジェネリック医薬品とバイオ医薬品の売上高の伸びに牽引されて販売量は増加しました。このような生産量の増加は、特に中南米やアジア太平洋地域の低コストの製造施設を持つ国において、ジェネリック医薬品製造用の包装機器市場を牽引するものと予想されています。医薬品需要の増加は、効率的な包装システムへのニーズを高め、その結果、高速包装出力を確保するための自動化装置の市場を牽引すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]