軟質プラスチック包装の市場規模、2025年には2005億米ドルに到達予測 製品の保存期間延長による廃棄物の削減にも貢献

軟質プラスチック包装の市場規模は、2020年の1608億米ドルから2025年には2005億米ドルに達し、CAGR4.5%で成長すると予測されています。市場は、食品、飲料、化粧品・パーソナルケア、医薬品などの最終用途産業での需要の増加に起因する大幅な成長が期待されています。特に新興国では、小売業の成長、高い消費者所得、電子商取引の加速が、同市場の成長を支えています。

COVID-19 世界の軟質プラスチック包装市場への影響

軟質プラスチック包装市場は、包装業界の生産量が大幅に減少しているため、2020年から2021年の成長率は緩やかに低下すると予想されています。しかし、COVID-19の影響下では、食品、飲料、および製薬用途の製品包装向けに軟質プラスチック包装の需要が増加しているように見受けられます。

ロックダウンに伴い、より多くの人が日々の食品や生鮮食品をオンラインチャネルで注文するようになり、軟質プラスチック包装の需要の増加につながっています。インドをはじめ、影響を受けた多くの国々の政府は、供給側のショックや不足を回避し、途切れることのない供給を維持するために、食品業界に生産を拡大するよう求めています。FMCG企業も、軟質プラスチック包装製品をより多く採用することで対応しています。

製薬業界では、病院、医薬品、PPEメーカーが危機に対応しているため、軟質プラスチック包装の需要は引き続き堅調に推移すると予想されます。また、生活必需品や健康・医療品の需要が大幅に減少することはなく、これらの商品のネット配信による小売流通の拡大が期待できます。このことは、原材料や製品をそれぞれのエンドユーザーにタイムリーに届けるための軟質プラスチック包装ソリューションの需要を後押ししています。

軟質プラスチック包装市場のダイナミクス

牽引要因:費用対効果と製品寿命の向上

忙しいライフスタイルの中で、利便性の高い商品への需要が増加しているため、フレキシブルパックの需要が増加しています。軟質プラスチック包装は、包装に必要な資源やエネルギーが少なく済むため低コストで利用できます。また、小売店の棚スペースを35%削減できるため、他の形態の包装に比べて費用対効果が高いと言えます。さらに、消費者は従来の家庭での調理方法から、パッケージ製品を購入するという選択肢に徐々にシフトしてきました。

軟質プラスチック包装は、使用する天然資源や製造に必要なエネルギーが少なく済み、さらに温室効果ガスの排出量も少なくなります。天然資源防衛評議会によると、2016年の米国の食品は、最大40%が廃棄されていると報告されています。軟質プラスチック包装は、製品の保存期間を延ばすことで、廃棄物を減らすことができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]