自動車サイバーセキュリティの市場規模、2025年に40億米ドルへ到達予測 車両データ保護の義務化が市場を牽引

自動車サイバーセキュリティの市場規模は、2020年の19億米ドルからCAGR16.5%で成長し、2025年に40億米ドルへ達すると予測されています。車両1台あたりの電子機器の使用量の増加やコネクテッドカーの増加、車両データ保護に関する規制機関による義務化などが、自動車サイバーセキュリティ市場を牽引しています。また、V2X(Vehicle to Everything)の成長も、市場を後押しする要因の1つとなっています。

COVID-19が自動車サイバーセキュリティ市場に与える影響

COVID-19の大流行の間、需要の減少、サプライチェーンのボトルネック、およびフランス、ドイツ、イタリア、スペインの従業員の安全を確保する必要がありました。そのため、BoschやContinentalなどの大手自動車用サイバーセキュリティソリューションプロバイダーは、生産の停止を発表しました。その結果、2020年には自動車用サイバーセキュリティソリューションの需要が減少すると予想されました。メーカーはボトルネックを防ぐために生産を調整し、OEMやTier1メーカーの需要に応じた生産計画の見直しが求められるでしょう。

自動車用サイバーセキュリティソリューションの大手プロバイダーは、2020年第1四半期の収益を失いました。特に米国と欧州主要国ではパンデミックの深刻さから、車両生産の再開は当面見込めないため、Tier1プレーヤーは減益が見込まれました。Aptiv社によると、世界の自動車生産台数は50%から60%の減少が予測され、第2四半期のシナリオ悪化がすると予測されています。同社は中国での生産を停止し、次いで北米と欧州での生産を停止しました。自動車用サイバーセキュリティへの投資は鈍化する傾向にあり、2020年に市場は衰退局面を迎えると予測されています。

推進要因:規制機関による車両データ保護の義務化強化

2015年に米国で「Security and Privacy in Your (SPY) Car Act」が提案されました。SPYは、自動車内の重要なソフトウェアシステムを分離し、サイバーセキュリティ対策を用いて車両全体をハッキングから守ることを義務化した法律です。この法律では、車内に保存されているデータの安全性を確保することで不正アクセスを防ぐと共に、不正アクセスを検知した場合はドライバーに警告を発し、リアルタイムでハッキングに対応することが明記されています。さらに、車両が収集、送信する情報を所有者と共有することによって規制しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]