電力レンタルの市場規模、2025年には117億米ドルに成長見込み 排出ガスや騒音の規制により、発電機セットのコスト上昇に今後の課題も

電力レンタルの市場規模は、2020年の86億米ドルから2025年には117億米ドルに達し、CAGR6.3%で成長すると予測されています。石油・ガス・鉱業における継続的な電力供給の需要、電化ニーズの高まり、農村部の継続的な電力供給、電力インフラの老朽化と系統安定化の必要性が市場の成長を牽引する要因となっています。

促進要因:鉱業・石油・ガス産業からの連続電源需要

鉱業および石油・ガスの探索作業は、通常、遠隔地で行われます。現地では、抽出された製品の高い引火性のために、常に人命が脅威にさらされており、適切な照明と電力が必須条件になります。投資の増加に後押しされて、米国、オーストラリア、そして多くのアフリカ諸国において、鉱業および石油・ガス産業は著しい成長を遂げると予想されています。新しい鉱業プロジェクトは、今後数年間で中国、オーストラリア、インドでも開始されると考えられます。これらの要因からも、電力レンタルソリューションは不可欠で、その需要は増加しています。オーストラリア統計局によると、2019年にオーストラリアが鉱山探査に支出した金額は23億米ドル以上で、前年比19%近く増加しています。

さらに、米国は水圧破砕法が開発されて以来、世界有数の産油国としての地位を維持しています。エクソンモービルは、2025年までに米国での統合事業の拡大に500億米ドルを投資する計画を立てています。これには、パーミアン盆地での油井・ガス井の掘削や、生産物をメキシコ湾岸に移動させるパイプラインの建設などが含まれており、下流域での事業展開を拡大しています。これらの要因が、将来、電力レンタルソリューションの市場を牽引すると予想されます。

抑制要因:化石燃料を使用した機器の排出ガス削減に関する厳しい規制

北米、欧州、アジア太平洋地域では、発電運転からの二酸化炭素排出量を制限するために、いくつかの厳しい規制を策定しています。このような規制は、ディーゼル発電機の運転に起因する騒音公害を軽減するために、騒音レベルの規定も行っています。各国はそれぞれ独自の規制や政策を持っています。電力レンタル会社は、騒音レベルを低減するために、サイレンサー、強固な基礎、シアーマウント、キャノピー、フレキシブルエルボのゴムなどの複数の防止対策を提供していますが、その結果、発電機セットの全体的なコストが上昇しています。

同様に、各国の排出ガス基準を満たすために、レンタルディーゼル発電機は、一般的に超低硫黄ディーゼル(ULSD)と呼ばれる、よりエネルギー効率の高い燃料を使用することが求められています。ULSDは、硫黄分を除去または低減するための追加処理が必要となるため、標準的なディーゼル燃料よりも高価です。レンタル会社で発電機を提供する企業にとっての主な課題は、競争の激しい世界でビジネスを維持するための性能を維持しながら、排出レベルを低減することです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]