在宅医療市場規模、2025年には2747億ドルに到達予測 不必要な訪問、入院などのコストを削減しながら、医療へのアクセスの向上に貢献

在宅医療市場規模は、2020年の1819億米ドルから2025年には2747億米ドルに達し、CAGR8.6%で成長すると予測されています。高齢者人口の急速な増加と慢性疾患の発症率の上昇、医療費の増加による費用対効果の高い医療提供へのニーズの高まり、在宅医療機器の技術進歩が主な牽引要因となっています。

一方で、償還政策の変化、限られた保険適用範囲、安全性に関する患者の懸念が、市場の成長を抑制する要因となっています。テレヘルスの人気の高まりと未開拓の発展途上地域の存在は、在宅医療市場のプレイヤーに大きな成長の機会を提供しています。

COVID-19 の在宅医療市場への影響

COVID-19パンデミックの在宅医療市場への影響は推進・抑制要因が混在しています。在宅医療市場は製品とサービスで構成されているため、両者の影響は異なります。COVID-19は、血糖値モニター、血圧モニター、パルスオキシメーター、体温モニターなど、いくつかの在宅医療用モニタリング製品にプラスの影響を与えています。一方で、コロナウイルスの大流行により、多くの在宅医療機関やプロバイダーが事業の落ち込みを報告しています。COVID-19から回復する人が増えるにつれ、ビジネスがより速いペースで回復するため、この在宅医療業界の低迷はしばらく続くと予測されています。

牽引要因:高齢者人口の増加、慢性疾患の発生率の高さ、在宅医療へのアクセス拡大の必要性

高齢化が進むにつれ慢性疾患にかかる人が増え、医療需要が高まり、政府や医療制度の負担が大幅に増加すると予想されます。これは在宅医療市場にとって有利であることが予測されます。在宅医療は、不必要な訪問、入院・再入院、医療専門家に会うための移動時間とコストを削減しながら、医療へのアクセスを全体的に向上させることができます。

制約要因:患者の安全性に関する懸念

在宅ケアでは、看護師から医師への伝達は、対面以外で行われます。このことが、患者の安全性や結果に影響を与えています。在宅医療のもう一つの特徴は、臨床医が患者一人ひとりに独自の環境で医療ケアを提供していることです。しかし、患者にリスクをもたらす状況が考えられても、それを取り除くことが困難な場合もあります。その点、病院では、そのような場合に備えて環境安全部門を完備しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]