モーションコントロールの市場規模、2025年には165億米ドルに到達予測 機械の交換やメンテナンスの高コストが今後の課題に

モーションコントロールの市場規模は、2020年の149億米ドルから2025年には165億米ドルに達し、CAGR2.5%で成長すると予測されています。COVID-19危機の影響で、従業員の健康と安全を確保するための製造施設の自動化、製造業における先進的な自動化プロセスの採用、政府が課す厳しい安全基準を満たした生産、製造プロセスにおける産業用ロボットの需要の増加、使いやすさと利便性を兼ねそろえたIIoTとモーションコントロールシステムの統合が、市場の成長を牽引する要因となっています。

COVID-19のモーションコントロール市場への影響

COVID-19は、世界の経済とすべての産業に深刻な影響を与えています。製品の需要が大きく減少しているため、世界中の経済は衰退しています。パンデミックにより原材料が不足し、産業全体の生産は制限されています。輸出の減少とサプライチェーンの混乱により、生産が減少しています。モーションコントロール市場は COVID-19 の影響を受け、2019年と比較して2020年のCAGRは縮小しています。

促進要因: 製造業における自動化されたプロセスの高い採用

工場におけるエネルギー効率の高いソリューションへの需要は、高精度の自動化プロセスの需要に拍車をかけています。自動化プロセスは、企業の生産性を向上させ、製品のライフサイクルコストを削減します。モーションコントロールソリューションは多くの産業で採用され、電子・半導体、食品・飲料、自動車、化学産業などを中心に利用されています。高品質な製品の需要により、ファクトリーオートメーションは今後も拡大すると予想されています。その結果、エネルギー消費を最小限に抑え、生産を最大化するためのモーションコントロールソリューションの採用が増加すると予測されています。

制約要因:機械の交換やメンテナンスコストの高さ

機械の老朽化に伴うメンテナンスや修理にはコストがかかり、スペアパーツが入手できない場合には修理が不可能な場合もあります。モーションコントロールシステムの設置には、多くの部品が必要となり、機械の交換やメンテナンスのコストに直接影響を与えます。部品の種類が多ければ多いほど、スペアパーツの在庫は高価になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]